社内恋愛で襲われる嫉妬が辛すぎる、不安な気持ちを楽に乗り越える対処方法とは


社内恋愛において避けられない感情があります。

それは、嫉妬です。

恋愛関係になるまでは、気にならなかったことが、次々と自分の中に芽生えてきてしまう、そう言った経験をした人は多いかと思います。

職場という限られた空間、朝から夕方まで何時間も同じ建物の中で過ごすわけです。

そこには、2人以外の男女がいて、仕事上のことからも、その人たちとの関わりは無視できません。

そんなふうに、社内恋愛につきものの嫉妬について考えてみましょう。

社内恋愛への嫉妬での辛いこととは?


人間の感情の中でもなかなか厄介なのが嫉妬心かも知れません。

社内恋愛をすると、普通の恋愛と違って、同じ空間の中での行動が多いことで、心理的な距離が近いために、嫉妬心も起こりやすくなります。

自分では、ダメだと思いつつも感じる嫉妬のために、辛い体験をすることが多い、社内恋愛。

どうすればそこから抜け出せるのか、まずは原因を探りましょう。

社内恋愛への嫉妬での辛いこと1・ずっと近くにいること

職場という限られた空間。

場合によっては、狭いフロアの中で、朝からずっと一緒に過ごすことにもなります。

恋愛関係になったころは、近くにいることがとても嬉しくて、一日中一緒ということがどれだけ幸せなのか、と思っていたはずなのに、今では、嫉妬心に襲われることもしばしば。

社内恋愛は周りに気づかれないようにするのが、鉄則。

だから、2人が付き合っていることはバレていないはずです。

さて、男性の場合は、相手の女性が周りの男性と親しげに話しているだけで、もくもくと嫉妬心が湧いてきます。

さらに、周りの男性が、しつこく話しかけていくと、もう殴りかかりたくなるほどです。

女性の場合なら、相手の男性が近くの女性に親しげに話しかけているだけで、嫉妬心を抑えられなくなります。

社内恋愛への嫉妬での辛いこと2・他人との競争心

そんな嫉妬心が起こる原因は、周りの他人との間に生じる競争心のようです。

では、どのようにすれば、競争心からくる嫉妬を抑えることができるのでしょうか。

現実的には、この競争心からくる嫉妬を消すことは不可能です。

社内恋愛をする限りは、この感情とは、うまく付き合っていくしかないのです。

そのように、競争心が生まれるのは本能的なことです。その上で周りを観察してみることです。

実は、周りの人と親しそうにしていたとしても、恋人の相手の方がもっと好きなはずです。

それなのに、嫉妬心を抱いてしまうのは、仕方のないことで、それよりも、自分の気持ちを正直に伝えてみることです。

そうすれば、お互いに分かり合えて、嫉妬心に苛まれることも少なくなるのではないでしょうか。

社内恋愛への嫉妬での辛いこと3・独り占めしたい

好きな人が出来て、恋人になると、相手を独占したいという欲が湧いてきます。

これは自然な感情で、特に付き合い始めた初めの頃は、その気持ちはとても強いものです。

ところが、社内恋愛となると、周りにその関係を伝えることができない、という現実があったりして、その独占欲を表には出せません。

最初のころは二人でいるだけで楽しかった時間が、次第に、恋人だと公表できないことや周りの異性からのアプローチなどが重なって不安や苛立ちへとつながります。

そして、いつのまにか相手を自分の思い通りに動いてもらいたいという意識が芽生えてくるわけです。

この感情が独占欲として、相手を支配したいと思う気持ちになったりします。

相手が、自分の思うように動かないと、愛されていないと勘違いするようになったら大変です。

この独占欲はデメリットしかありません。

独占しようとすると恋人に対して、次第に不便に感じてしまい、そのうち、相手に不信感を抱くこともあります。

独占することのデメリットは十分に考える必要があります。

社内恋愛への嫉妬での辛いこと4・思い込みが激しくなる

これも恋愛において起こるあるあるですが、勘違い、思い込みの感情です。

社内恋愛では、狭い空間の中で、複数の異性との接触もある中で成り立っています。

そこでの行動は、冷静に考えれば大したことでないことも、不安や恐れを持った状態だと、相手の行動を勘違いしたり、勝手に思い込みで判断してしまったりします。

本当のことは、相手から聞いたらいいことでも、つい先回りして、自分で判断してしまい、そこから、嫉妬心が強くなって、やがて、不安、不信感へと進み、さらに、全く事実とは違うことを勝手に思いでしまったりします。

やはり、2人でお互いのことをわかりあうことが1番の解決法です。

そして、そこまでなったことを正直に話をして、お互いに改めることがあれば、分かりあわない限りは、小さな亀裂がそのうち、大きなものへと変わっていって、取り返しのつかないことになりかねないのです。

関連ページ:社内恋愛は別れた後が気まずい。辛いから仕事を辞める、復縁もあり

社内恋愛への嫉妬に対する対処法とは?


嫉妬心そのものは自然な感情で、生まれてくることを止めることはできないでしょう。

しかし、考え方を変えたり、別の行動を取ることで、減らすことは可能です。

同じ気持ちが、対応を間違えたことで、最悪、2人の関係を壊してしまうということもあり得ます。

決して、小さいことだと決めつけず、しっかりと対応することです。

社内恋愛への嫉妬に対する対処法1・たまには息抜きで1人になる

いくら考え方を変えようと思っても、この嫉妬する心というものはなかなか抑えられないものです。

そんな時は、職場の中で、ひとりで冷静になれる場所を見つけたほうがいいでしょう。

トイレや喫煙所、屋上といった場所で、いつでも、気分転換が図れる場所が理想的です。

そして、嫉妬心が出てきたな、と思ったら、そこへ行って気持ちを切りかえるのです。

確かに、それだけで全てが解決するものではありません。

しかし、そのことが原因になって、仕事にも差し障りが生まれるとしたら、全く別の問題へと発展してしまかねないので、まずは、今の気持ちを抑えることが必要です。

職場の中にいざという時に逃げられる場所を作っておくことは、精神的な落ち着きを手に入れることもありますし、仕事をしっかりとやるという本来の目的が達成されます。

社内恋愛への嫉妬に対する対処法2・仕事に集中する

これは、今さらいうまでもないことですが、会社は仕事をするところです。

そこでの恋愛が仕事に支障が生じるとしたら、これは本末転倒ですね。

一社会人としての、最低限のこととして、職場に迷惑をかけないことがあります。

さらに、仕事の上でプラスに働くことに、力を注ぐことで、周りからも認めてもらっているわけです。

それが、恋愛が原因で、職場に私情を持ち込んで、周りに迷惑をかけたり、時間や仕事内容でのミスなどで、マイナス面が見えたりすると、結果として、周りの人から認めてもらいにくくなります。

まず、社会人としての信用のためにも、私情を持ち込んではいけなません。

仕事に集中していけば、相手のことを気にすることも減りますし、そんなふうに、仕事を頑張っていることで、2人の関係も良くなることが期待できるのです。

社内恋愛への嫉妬に対する対処法3・相手に自分の気持ちを正直に伝える

職場でいつも顔を合わせていると、ついつい愛情表現もおろそかにもなっていったりするものです。

このことが相手に対する不信感、不安へとつながってくると、嫉妬が生まれやすくなります。

もっと、自分のことを相手にわかってもらう努力をすることで、安心感を持ってもらえるし、不安も払拭されると考えられます。

これが、相手に対する嫉妬もずいぶん減るはずです。

そのためには、常に自分の思っていること、感じていることを正直に相手に伝えることが重要でしょう。

これが、一方通行になってしまうと、やはり不信感へとつながっていきますから、お互いに話をすることが必要なんですね。

そう言った、地道な努力が、いらない喧嘩やすれ違いを避けることにつながります。

結局、嫉妬が問題なのではなく、それに対する努力を怠ってしまったことが問題なのです。

社内恋愛への嫉妬に対する対処法4・仕事を離れたらベタベタする

社内恋愛では、会社における孤立や寂しさと言ったことがあると、恋愛していても不安になり、それが嫉妬につながっていくのです。

職場では、仕事に集中すればいいのですが、そのためにぜひやっていただきたいのが、プライベートな時間では、ベタベタと、しっかりと甘えることです。

これは、女性だけでなく、男性も同じで、お互いに距離感を縮める努力をすれば、信頼感にもつながり、職場でいらないマイナス感情を生み出すことも減るものです。

お互いに、愛し合っているという自信を持つことができたら、無駄に嫉妬することはきっと少なくなるでしょう。

嫉妬心は、相手が好きな気持ちがあるからこそ、生まれるものです。

だから、努力をしなければ、勝手に嫉妬心が生まれて、それに振り回されてしまいます。

関連ページ:社内恋愛がバレるきっかけは雰囲気から?隠すことにもデメリットがある

社内恋愛に対する嫉妬から生じる不安とは?


嫉妬心は、今の恋愛に対して不安を呼び起こします。

それがあるから、さらに、嫉妬心が刺激されて、また、心が不安になっていく。

そう言った悪循環になるんですね。

それを断ち切って、恋愛も仕事も意義のあるものにしていかなければなりません。

まず、できることから始めましょう。

社内恋愛に対する嫉妬から生じる不安1・仕事中に同僚に対して楽しく接している

一番、嫉妬いつながる場面は、自分の恋人が他の異性と話しをしている時でしょう。

それも、いかにも楽しそうに、笑い声まで出して話していたら、嫉妬心はメラメラと燃え上がったりします。

また、女性にとっては彼氏が部下の女性に、優しく教えていたり、失敗を慰めていたりすると、仕事のうえとはいえ嫉妬心が起こるものです。

女性の場合などでは、彼が取引先の男性と笑顔で対応していたりするだけでも、嫉妬心が湧いてくるものです。

一般んに、女性には、自分だけを見てほしい、男性は、女性に自分を認めてもらいたいという強い欲求があると言われています。

結局、その欲求が満たされないから、嫉妬心が起こっていると言えそうです。

社内恋愛に対する嫉妬から生じる不安2・きつい言い方で話をされる

職場では、周りの人にできるだけ接して欲しくない、という、独占欲が働きます。

それもあって、外では、絶対にしないような、きつい言い方、ということが職場では起こってしまいます。

これは、自分が付き合っているわけじゃない、ということをことさら強調しているようなものです。

しかし、嫉妬心が背後にある場合は、同じきつい言い方でも、第三者の相手に、少しでもわからせたい、という歯がゆい立場の言い方なのです。

その言い方で、こっちの気持ちもわかってほしい、ということをなんとかわからせたいという裏心が見え隠れしているのです。

もし、そんな場面で、彼や彼氏が、どうしてそこまできつい言い方をするのか、と思ったら、それは何かを伝えたいんだと心得た方がいいでしょう。

社内恋愛に対する嫉妬から生じる不安3・他の同性の同僚と楽しそうにしている

これは、嫉妬をする相手が異性に対してなので、今までの話とは少し違ってきます。

女性が、彼氏が他の女性と話していて、その女性に嫉妬を抱くのはわかります。また男性が、彼女が他の男性と話をしている場合も同様です。

とこれとが、ここで紹介するのは、少し違います。

男性が他の男性に、女性が他の女性に抱いてしまう、という、嫉妬です。

人は、同性同士の間でしか盛り上がらないようなネタを男女それぞれ持っているものです。

例えば、男性なら、車の話やスポーツチームの話、わい雑な話。女性なら、ファッションやメイクの話、美味しいお店の話などです。

こう言った話は同性同士で盛り上がって、異性である自分はそこから距離を感じてしまいます。

そして、話をしている同性に対して嫉妬を抱いてしまうのです。

関連ページ:【イククルの評判】マッチングアプリとweb版の口コミと評価

社内恋愛が嫉妬の気持ちを生むわけとは?


嫉妬心は自然に生じる感情だと言ってきましたが、いつでもどこでも起こるものではありません。

相手に対する思い入れが強いほど、起こりやすいのが嫉妬心。

それを克服するためには、やはり、お互いに話をして、わかりあう以外にはありません。

社内恋愛が嫉妬の気持ちを生むわけ(男性)1・自分以外の男性と親しげに話している

同じ職場で皆と仲良くするのはとても大切なことですね。

しかし、恋愛となると、話は別になってきます。

というのは、いくら仕事上の話としても、自分以外の男性と楽しそうに話をしている彼女を見ると、途端に余計なことを考えてしまったりするのです。

楽しそうにしている姿を見ただけでも不安になるのに、さらに、呼び捨てで呼んだり、下の名前で呼んだりするのを見ると、かなり嫉妬心が生まれてくるのです。

それに加えて、軽いボディタッチのようなスキンシップがあったり、必要以上に近い距離で話していたりするのを見るのは苦痛を感じるようです。

このような話は男性、女性を問わず起こることなので、お互いにそういうことについては、理解し合えるようにしていかないと、下手をすると、それがきっかけでこじれてしまうかもしれません。

社内恋愛が嫉妬の気持ちを生むわけ(男性)2・他の男性を高く評価する

一般的には、仕事上での評価と恋人としての評価は違います。

しかし、男性にはこの二つが同じようなものに感じてしまう、そんな人が多いようです。

ところが、女性が何気なく別の男性の仕事ぶりをほめたり、彼と比較したりすると、そこから嫉妬心が生まれてしまうことがよくあるのです。

実は、男性というものは、人からいいような評価してもらいたい生き物だと言われています。

だから、それが他の男性に向けられると、自分への評価が下がった、というふうに受け取ってしまうんですね。

よく昔あった話に、「隣の旦那さんは、課長に昇進したんだって」「隣の旦那さんは、休みの日には家族旅行に連れて行ってくれるんだって」と言った主婦への会話は、旦那さんへの低評価になっていますね。

これと同じような感じで話をしているのかもしれませんね。

社内恋愛が嫉妬の気持ちを生むわけ(女性)1・誰にでも優しくする

男性は基本的に女性と仲良くしたいものかもしれません。

それは、弱い存在を守ってあげる、という本能でしょうか。

ところが、恋愛関係が絡んでくると、職場での行動は問題になることがあります。

まず、自分と違う、女性社員と仲よさそうに楽しくおしゃべりしているのを見ると、途端に嫉妬心に襲われてしまいます。

ひょっとしたら、自分達が付き合っていることを悟られないように、わざと社内の女性の誰にでも優し区接しているのかもしれません。

また、普通に接しているだけなのに、恋愛関係にある自分には全てがそう見えてしまうのかもしれません。

このような嫉妬心が、逆に男性の気持ちを逆撫でしてしまったりします。

やはり、本当の気持ちを常に伝えていく努力は男女共に必要でしょう。

社内恋愛が嫉妬の気持ちを生むわけ(女性)2・飲み会が多すぎる

今日は同僚と一緒に飲みにいくから、と彼女と会えないという連絡が入ったとします。

これも、滅多にないことで、たまたまだったらまだしも、三日に一度、とか、ほぼ毎日とかなると、もう相手が男性同士としても嫉妬の対象になります。

その飲み会が男性だけならともかく、別の女性も一緒だということになると、もう嫉妬心は燃え上がってしまいます。

自分を取るか、お酒を取るか、と究極の選択を迫ったりすると、今度は男性の方もブチギレてしまって、大げんかになり、下手をすると、そう言ったことが続けば、関係が冷えてしまいかねません。

たかが、飲み会だと思わずに、彼女の気持ちを汲み取って、頻度を下げる、もっと、彼女との時間を増やす、と言った努力が必要でしょう。

社内恋愛への嫉妬から疲れた結果は?


狭い職場の中では人間関係の歯車が狂ってしまうこともしばしばです。

その原因は、ほとんど、一方的に思い込んでしまって、相手の気持ちを理解できなくなってしまうことです。

そんな状態から抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか。

社内恋愛への嫉妬から疲れた結果1・自分に自信がなくなる

このようなことで嫉妬してはいけない、と自分ではわかっていても、気持ちを抑えきれない。

このように思う人は多いでしょう。

そんな気持ちに振り回されている自分のことが情けないと思い、自信が持てなくなります。

本当は、相手のことをもっとわかりたい、と思っている人ほど、自分の気持ちに嫌気が差してしまい、自信を失うことにつながってしまうのです。

逆に、そんなことを感じない、どちらかと言えば、鈍感な人は嫉妬とは無関係ですが、だからと言って、相手の気持ちも理解できるとは言えません。

いずれにしても、お互いに理解し合うためには、2人の会話を大事にしなければいけないでしょう。

その努力を怠った結果は、結局、嫉妬心から壊れて行って、そのうち破綻することにつながるかもしれません。

社内恋愛への嫉妬から疲れた結果1・これから先に不安を感じる

嫉妬心を起こすことで、2人の間に、何か冷たいものが流れたりします。

どうして、そんなふうに思うのか、と相手に対しての不信感が生まれます。

それを放置すれば間違いなく、2人の関係は冷えていくでしょう。

それを防ぐには、もちろん、嫉妬につながるような行動を慎むことも重要ですが、嫉妬心を持ったことについても、正直に伝えて、今後の努力のことをわかってもらうことが大切です。

お互いの不信感は、簡単に生まれてしまい、それを解決するには、その何倍も努力が必要だということです。

それができない2人の関係は、この先不安だらけになっていくのではないでしょうか。

そこまでの危機感を持っていかないと、なんとかなると思っているうちに、気がついたら相手の気持ちが離れていたなんてことが起こるでしょう。

社内恋愛への嫉妬から疲れた結果1・別れたいと思う

社内恋愛がバレないように努力した分、別の意味で気を使うことになり、それがしんどくなってきて、気持ちが冷めて行った、という話がよくあります。

付き合っていることがバレないようにしているわけですから、周りの人は知らないということです。

だから、社内の人は、彼、または彼女をご飯や飲み会に誘ってくるわけです。

社内の人は、付き合ってることを知らないから誘っている訳で、彼、または彼女だって、社内の人からの誘いを断りにくいということですね。

それはわかっていても、嫉妬心は止められないのです。

そんなことが何度も起こると、わかっていても、耐えられなくなり、最悪はもう別れたいという気持ちまで持つようになったりします。

嫉妬を感じた自分も残念ですが、その気持ちを持ち続けることで、心理的にしんどくなり、挙句は気持ちが冷めて行ってしまうということなんですね。

周りにバレないように、という努力が裏目に出て、最後には、自分達の恋愛まで破綻してしまう、そんな例はたくさんあるようです。

社内恋愛での嫉妬に対するまとめ

嫉妬というだけでも、とても厳しいものがありますが、それが不安をうみ、不信感を増長させ、最悪は2人の関係まで壊してしまうとしたら、決して甘く考えてはいけないということです。

社内恋愛を秘密にしている分、周りとの関係は難しくなります。

周りからの理解は期待できないのに、周りには気を遣わないと、最悪はそれが別れにつながるということも知っておいた方がいいでしょう。

そのために、嫉妬心につながるような行動は避けることや、相手に本当の気持ちをきちんと伝えることがとても重要になります。

嫉妬心を感じたときは、それに対する対処法をよく読んで、問題が深刻化しないように、常に2人で気持ちを通じ合わせていく努力が最も必要なのではないでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました