初デートで緊張しすぎて失敗。脈ありならラインを使って反面教師で挽回できる!


いよいよ初デート、誰だって緊張するでしょう。

相手はどんな気持ちなんだろう、不安を持ちながら、デートの日を迎えます。

でも、緊張してしまって、うまく話ができないなんてことになるかも知れません。

また、実際に会って、デートを楽しもうと思っても、どうも合わないな、と思って、楽しくなかったなんてことにもなるかも知れません。

ここでは、そんな、初デートにまつわる失敗について紹介してみます。

初デートで緊張して失敗してしまうのはなぜ?


誰だって、緊張はするものでしょうが、極端に緊張が強くなるのは、やはり心配ですね。

それを少しでも克服できると安心ですね。

そのためには、なぜ緊張して失敗してしまうかの理由について考えてみました。

初デートで緊張して失敗してしまう理由1・どんな話をしたらいいかわからなくなる

初デートという場合、まだまだお互いのことを知らないはずです。

そのため、どんなふうに接したらいいのかがわからず、それが不安のもとになって緊張してしまうわけです。

普通男性の方がいろいろと話しかけてくるかも知れませんが、これも、人によります。

女性の方が積極的な場合もあるし、男性がうまく返答できなくて、緊張してしまうこともあるわけです。

また、デート中に何を話せばいいのだろうと、突然不安になり、お互いに言葉に詰まってしまったりすることもあります。

そんな気まずい状態になった時に、女性の方がつまらない態度をとると、男性はさらに不安になり、緊張してしまうという負のスパイラルに陥ってしまいます。

初デートで緊張して失敗してしまう理由2・いろいろ考えすぎて、決断できない

よくあるのは、自分に自信がなくて、常にコンプレックスを持って、不安が増幅するパターンです。

自信が持てない理由というのは、外見もあるでしょうし、コミュニケーション能力などもあります。

いずれにしても、相手にとって自分はどうだろう、といろいろ考えすぎて、その自信のなさが原因でさらに考え込んでしまって、結局、緊張が高くなるのです。

また、初デートが自分にとって初めてのような場合は、不慣れが原因で緊張していることもあります。

そして、相手を不快にさせているんじゃないか、とか、自分は相手には相応しくないな、とか自分の思い込みで結論を出してしまおうとするのです。

好きな人の前では、普通、自分のいいところを見てほしいと思うのに、結局、逆のパターンで終わってしまうということが、後悔の残る初デートになってしまうわけです。

初デートで緊張して失敗してしまう理由3・そもそも相手がタイプじゃない

これは少し違うパターンです。

デートの前まで、ラインやメール、電話で何度かやり取りをしてきて、それなりに好意を持っていたのに、実際に会って、話をしてみたら、全然タイプの人じゃなくて、気まずい感じになってしまった、ということもあるかも知れません。

そんな時は、相手に気を遣って、できる限り嫌な気持ちを持たせないようにして、デートを乗り切りましょう。

結論を出すのは、デートが終わってからでいいので、なんとかして、デートは楽しく終わらせる方が、無難です。

こちらがそんな気持ちでいたら、相手にもかなりの割合で伝わるものです。

気持ちが折れてしまわないように、その場を取り繕うのも大切なことです。

そして、デート後に、正直にうまくいかなかった訳を話する方がいいでしょう。

関連ページ:【初デートの誘い方】LINEでご飯などにOKをもらえるタイミングは?

初デートでの失敗を挽回する方法とは?


初デートでも失敗、もちろんダメージは大きいかも知れませんが、なんでも経験です。

今後に活かすためにも、ぜひ挽回できるように、頑張ってみることです。

ひょっとしたら相手も、すごく気にしている可能性もあります。

なんでも試してみないと、わからないことが多いものです。

初デートでの失敗を挽回する方法1・素直に自分の悪かったところを反省して謝る

まず、初デートで失敗したときには、そのことを正直に相手に話したほうがいいでしょう。

確かに、失敗を素直に認めることは勇気がいることです。しかし、そのような行動がきちんとできることによって相手はこちらを誠実な人だと思うようになるのです。

ただ、単に、ごめんを連呼しても、逆に相手にとってはうっとおしいだけです。

デートの時に、楽しかったこともきちんと話題に出して、話ができるようでないと、相手には、ネガティブな人としての印象しか残らないことになってしまいます。

したがって、せっかくの初デートで失敗した時は、失敗について正直に話すことと、それから、のデートの約束まで話せたら大成功だと言えるでしょう。

初デートでの失敗を挽回する方法2・ラインで感謝を伝える

直接言葉で言うのは難しいことでも、ラインなら、デートのお礼や感想を伝えることができるでしょう。

この時に、正直に、初デートをしてくれた感謝の気持ちを伝えるのと一緒に、当日、緊張してしまって、うまくいかなったことも謝っておきましょう。

ただ、あまり言い訳がましくならないことも大切です。

変に長々と説明してしまうと、途端にうっとおしい言い訳だけが目立ってしまいます。

本当に伝えたいことだけを短くまとめて、次回のデートへつながるような話に持っていく必要があります。

なお、失敗したときはもちろんですが、初デートが成功したときも必ず感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

きっと、イメージアップにもつながるでしょう。

初デートでの失敗を挽回する方法2・もう一度デートに誘って反応をみる

さて、素直に反省点が伝わったら、「次のデートで挽回させて欲しい」ということを伝えるようにしましょう。

煮え切らない、優柔不断は結局嫌われてしまいます。

その一言が仲直りのきっかけになったりします。

このようにして、2回目のデートをOKしてくれたら、その時点でもう脈ありだと考えてもいいでしょう。

それは、次のデートの約束ができると言うことで、相手が好印象を抱いている可能性が高いと言えるからです。

さらに、相手から次のデートの話題が出他としたら、それもサインです。

しかし、次のデートの約束や話題を出したとしても、全然のの話にはのらず、話をはぐらかしたりした場合は、初デートも失敗だし、今後のことも期待できないかも知れません。

初デートでの失敗を挽回する方法4・相手がしたいことを聞いて一緒に考える

デートの失敗をとにかく長く引きずらないことです。

2回目のデートに向けて、相手がしたいことをしっかりと聞く努力を続けましょう。
デートプランに取り入れるとよいでしょう。

相手の行きたい場所ややりたいことを逆に提案してもらって、それを実現するようにすれば、会話も弾んで一石二鳥です。

相手を尊重すれば、それに合わせて、いろいろなことを話してもらえます。

家族のことや、趣味など、聞きたいことをどんどん話してもらえるようになるでしょう。

一見遠回りのように見えますが、お互いを分り合うと言う作業は、まず、相手のことを聞くところから始まります。

そして、その過程で決まったデートコースやプランなら相手も喜んで受けてもらえるはずです。

初デートでの失敗を挽回する方法5・デートコースの下調べを念入りに行う

二度目のデートに辿り着いたとしたら、もう今度は失敗できません。

2回続けて失敗となると、もう3回目はないと思ってもいいでしょう。

そのためにも、今回のデートコースの下調べは徹底して入念に行います。

もしその場所が、自分自身、初めていくところだとすると、より一層丁寧に下調べが必要です。

ガイドブックやネット上の口コミなどをしっかりとチェックして、注意点や魅力、必要な時間や休めるところ、食事場所などを押さえておきます。

そして、そのデータをもとに、中身を2人で話すことで、親密さも増し、失敗しにくくなっていくはずです。

失敗から得るものもあると思って、手を抜かずに対策を練ることが重要です。

初デートでの失敗を挽回する方法6・それでもダメなら、新しい出会いを探す

いろいろと努力をした末に、2回目のデートを断られたとしたら、そこからはしつこく誘っても展望はありません。

実は、初デートの失敗の時点で、この人とは合わないな、と判断している可能性が高いのです。

ここは、潔く手を弾くことが考えたほうが得策だと言えるでしょう。

うまくいかない理由は、やはり、ウマが合わないとか、相性が良くない、といったものかも知れません。

一緒にいたくない、と真剣に思った訳ですから、しつこく頼んでも、泥沼にはまってしまうだけです。

新しい恋を探すのも大変ですが、ならぬ恋を求めれば求めるほど、次のチャンスは遠のいてしまいます。

傷が深くないうちに、新しい恋を探しにいきましょう。

関連ページ:【PCMAXの体験談】マッチングアプリは出会える?出会いの体験

初デートの失敗でよくあるラインの使い方のミスパターン3つ

初デートで失敗したラインのミスパターン1・やたらとたくさんメッセージを送った

ラインで気持ちを伝えようとすると、次々と別のことが思い浮かんできてしまったりします。

そして、それをまた送ったら、また気になってしまって、続けて送ってしまう。

次は、相手の既読が気になるし、返信が来るまで何度も画面を見てしまう。

これだけでも、頭の中はラインのことでいっぱいです。

相手から返信が来ると、もう、すぐに次の文書を書いて、送ってしまいます。

相手の都合よりも、自分の気持ちの勢いに振り回されて、必要以上のメッセージを送ってしまいます。

これは、相手にとっては、ちょっと怖いくらいのプレッシャーがかかてきたりするんですね。

ヘタをすると、既読スルーにつながっていきます。

どんなに、送りたい内容があったとしても、常識の範囲内でないと、失敗につながります。

初デートで失敗したラインのミスパターン2・すぐに返信していた

ラインを送った時に、相手からの返信がすぐにあったりすると、一瞬焦ってしまったことありませんか。

もう、画面の前で待っているんじゃないか、と思うくらいです。

電話をしているのなら、ともかく、ラインを送るのは、それぞれの活動をしていることが普通です。

要するに、隙間時間や、移動時間についでにラインを送っているわけで、ラインにへばりついているのではないんですね。

それが、もう、相手は、ラインを今か今かと待っていて、届いた途端に、さっと送り返してくる、これだけでも結構プレッシャーになります。

節度をわきまえた行動を取らないと、それが原因で相手の気持ちが離れていく、と言うこともあります。

一番大事なことは、相手の気持ちを思い計ることです。

初デートで失敗したラインのミスパターン3・意味のない世間話ばかりしていた

やっと辿り着いた初デート。

楽しいことがいっぱいあったはずなのに、ラインで送る内容は、デートとは関係のない、世間話ばかり。

相手は、デートのことをもっと聞きたいのに、友達のことや、職場のことをさらっと送ってくるだけ。

これだけで、この人は自分には興味がないんだな、と思われてしまいます

気軽に、いろんなことを送るのも、時にはさらっとして、いいかも知れませんが、こと、初デートの後は、相手の気持ちを考えましょう。

しかし、そう言うことが負担になると言うことは、あまり相性が良くないのかも知れないし、興味が湧いてこないのでしょう。

場合によっては、次のデートはしない、と遠回しにでも伝えた方がいいかも知れません。

関連ページ:初デートでカラオケに誘う男性心理。付き合う前に2人きりになるとき

初デートで失敗したとしても、脈ありかもと思われるパターン4つ


初デートがうまくいかなかった時、いろいろと後悔することが思い浮かびます

もう、これで終わっちゃうんだな、と思い込んでしまうこともあるでしょう。

しかし、それはそれ。相手はそう思っていないかも知れません。

次のデートにつながるかも知れない、こんなことは、脈ありかも知れません。

失敗したとしても、脈ありかも1・相手から先にラインが来る

初デート、なんか気まずい雰囲気で、終わってしまった。

落ち込んでいた時、相手からラインが届いた。

これは、もう天の恵みかも知れません。

丁寧なお礼とデートに対する感謝と謝罪をしっかりと伝えましょう。

本来は、こちらからするべきかも知れませんが、もう、ダメだと思っている状態で、そんな気分にもならないものです

きっと、相手も、同じように思っていたかも知れません。

勇気を振り絞ってラインを送ってくれたわけですから、このチャンスを逃す手はありません。

さらに、嬉しいのは、このラインからわかることで、この恋はかなり脈ありだと言えそうです。

もう初デートのことで落ち込むより、次のデートに向けて、全力で頑張るしかないでしょう。

失敗したとしても、脈ありかも2・謝った時の反応が優しい

初デートから帰ってきて、落ち込んでいた時、どうしようかと迷っていた末に、謝るラインを送った。

もう、これで終わりだろうな、と目をつむって、思い切って送信ボタンを押します。

なんであんなことになったんだろうとか、あの時ああすればよかった、とか、思い出すのはそんなことばかり。

しかし、時間は戻ってきません。

せっかく、初デートまでたどり着いたのに、自分のダメなことばかり頭に思い浮かんできてしまいます。

そんな時、相手からLINEが届きます。

もう、天に祈る気持ちでスマホの画面を見て、画面を押します。

そこには、優しい言葉がいっぱいあふれていました。

そして、相手も、自分の方が悪かった、あんなふうになってしまったのは、自分のせいだといってくれる。

この優しさは、どう見ても本物だと確信できる。

もうこれは、脈ありと言うしかないでしょう。

失敗したとしても、脈ありかも3・楽しかった話をしてくれる

あんなに味気ない終わり方をしたデートなのに、相手は楽しかったように話してくれる。

そこには気遣いが溢れていて、あの時、ああすればよかったね、あんなことはもう二度とないようにしよう、と話を持っていってくれる。

自然と、こちらも楽しい話をしてしまいますね。

ああ言うふうになってしまったのは、やはり経験不足だったのでしょう。

今後は、もっとしっかりと準備するべきだったと言う教訓です。

2人でもっと話をして、計画をしっかり立ててデートしないと、行き当たりばったりでは、ああなってしまうのは当然。

相手の言葉が、知らず知らずのうちに、やる気を起こしてくれる。

こんな感じになってきたら、これは脈ありですね。

失敗したとしても、脈ありかも4・次のデートの話に積極的

初デートが最悪の結果になってしまって落ち込んでいた時、相手からラインが届くと救われます。

どちらかといえば、もう次のことなんか、考えるのもいや、と思っていた矢先なのに、相手からは、次のデートへの話がどんどん出てくるんですね。

そこには、1回目での失敗を繰り返さないように、ああしよう、こうしようと前向きな提案が見えています。

そうなると、知らず知らずのうちに、こちらもそれに引き込まれていって、話を合わせています。

今まで、落ち込んでいた気持ちが、いつの間にか、次のデートに向けて新しくリセットされて、楽しい気持ちに変わっていく。

こんなふうになってきたら、これはもう頑張るしかありませんね。

関連ページ:初デートでの脈ありのサインとは?男性女性それぞれの心理との関係

初デートの失敗から学ぶ、彼女の心をつかむ方法


うまくいかなかった初デート。

落ち込んでばかりでは、ダメです。

なんとかして、次の手を打って、挽回しないといけないのです。

失敗したからこそ、わかることもあります。

次のデートに役立つ、起死回生の挽回方法を考えてみました。

彼女の心をつかむ方法1・相手の話をきちんと聞く

一生懸命になったばかりに、こちらから一方的に、こうしよう、と言う話ばかりしてしまったのではないでしょうか。

もちろん、はっきりと決めていくことも時には重要です。

しかし、相手の気持ちをどこまで測ったでしょう。

どちらかと言えば、こっちの気持ちは3割、相手の気持ちを7割くらいのバランスで考えた方がいいくらいです。

そして、最終的には、男性の方が決断したように見せていても、実は、女性の意見の方が優先されていた、と言うふうにするのが、成功の秘訣です。

女性の意見を聞くといって、どう?ばかりで、優柔不断さを見せ続けると、女性は、こう言う人なんだとみてしまいます。

そうなると、聞いているつもりが逆効果です。

相手の意見をしっかり聞いた結果、最後の決断は自分で行うと言うふうにすると、女性も安心して自分お気持ちを言えるでしょう、

彼女の心をつかむ方法2・服装や髪の毛に関心を持つ

初デートの計画に一生懸命になり、場所や食事、遊びの内容などに頭が入ってしまって、肝心の相手の女性のことがおろそかになっていたのではないでしょうか。

彼女は、デートのために、一生懸命考えて、服装や髪型まで徹底的に準備してきたのかも知れません。

そこにもっと関心を持たなければ、女性はがっかりするのは当たり前です。

逆に、その服装や髪型の部分で、どれだけ女性に気持ちを伝えることができるかで、いろんなことの進み方が変わってくると入ってもいいでしょう。

まず、大切なことは、相手のことにどれだけ関心があるか。

どこまでも、相手のあるのがデートです。

1人で、どこかへ遊びにいってるのではありません。

徹底的に、女性に自分はあなたのことが好きで、関心がある、と言うことをいろいろな場面で伝える努力をしないと、うまく伝わることはないでしょう。

彼女の心をつかむ方法3・お金の支払いが優柔不断にならない

はっきり言います。

デートでお金のことで優柔不断さを出すようでは、今後もうまくいかないと言うことです。

女性は男性に、奢ってほしいと言うことを思っているのではありません。

はっきりさせてほしいだけです。

もし、男性が学生で親の仕送りでやりくりをしていて、バイトのお金もまだ手に入らないのなら、そこは正直伝えて、「食事は割り勘にしてほしい」と言えばいいのです。

本当のことを正直伝えることで、そこを理解してくれる女性と付き合った方がいいのです、

もし、そのことで、離れていくような相手なら、その女性が求めているのは、遊びの部分だけかも知れません。

逆に、バイトのお金が入ったから、今回は、自分が奢るよ、と正直に伝えてくれた方が、女性もその気持ちを受け止めやすく、今後の付き合い方にもいい影響があるかも知れません。

彼女の心をつかむ方法4・行き先や食事のことを決めていく

行き先や食事のことで、女性の意見をしっかりと聞くことはとても大切です。

しかし、最終的に、男性が、じゃあこうしよう、行き先は、こっち、食事はここで、と言うふうに、デートプランの最終決定を下したのは、男性の方だと言うふうにすれば、女性は合わせやすくなります。

ところが、行き先も食事も当日になって、どうしよう、どうする?と入ったふうに、フラフラしていると、女性の方はイライラしてくるかも知れません。

それほど優柔不断でありながら、女性の方から、じゃあこうしたらいいじゃない?と提案されると、そうれでいいなじゃない、と冷たく反応されると、女性はがっかりです。

あまりの決断力のなさに、女性は次第に苛立ちを感じ始めてしまいます。

ちょっとした会話の中で、相手の気持ちをくみ取るのが、デートの成功の秘訣です。

それができないうちは、まだまだ成功することはないでしょう。

初デートの失敗に関するまとめ

いかがでしたか。

今回は、初デートで失敗をしてしまった時に、いかにして挽回するか、について考えてみました。

しっかりと原因をあぶり出して、次に生かせば、まだまだ挽回できるものです。

大事なことは、失敗から学んで、次に活かすことです。

ラインやメールをうまく活用して、傷が深くならないうちに、次に向けてのスタートを切ることができたら、もう悩んでいる必要はないでしょう。

男性は女性の気持ちを、女性は男性の気持ちを一生懸命考えて、少しでもお互いに分かり合えるか、その過程を経ずに、いい結果だけを求めているようではいつまで経っても、成功にはたどり着かないでしょう。

この記事の内容が、これからの活動に役に立つことを祈っています。

 

タイトルとURLをコピーしました