遠距離恋愛が冷める気持ちのサインと対処法は?連絡しない、会わないが理由


遠距離恋愛は会えない時にどんなふうにしてきたかで、その後の2人の関係も変わってきます。

始めた頃は、こまめに連絡も取り合って、離れたなりにいい感じで続いていたのが、少しずつ、間が伸びて、お互いに何か変わってきたな、と感じ始めたりします。

そんな気持ちの変化が起こると、それを感じ取ってしまうんですね。

結局、離れていることが気持ちが冷めていくことの言い訳になってしまっているようなものです。

遠距離恋愛が冷めるときの気持ちはどう?


遠距離恋愛を始めた頃は、これだけ好きなんだから、大丈夫と思っていたはずです。

それが、1ヶ月、半年と続くと、次第に恋人といっしょにいない時間に慣れてしまって、心の中にしめる恋人の割合が少しずつ減っていくのがわかるのです。

本当は、そうならないように、どうするか、2人でしっかりと話しておかないといけなかったんでしょうね。

遠距離恋愛が冷めるときの気持ち1・恋人がいなくてもいい

遠距離恋愛を始めた当初、好きな人と会えなくて寂しい思いをしていたはずです。

しかし、時間が経つにつれて、どうでしょう。その会えない生活にもだんだん慣れてきてしまっているんですね。

そして気がつくと、あれだけ好きだった恋人に会えなくても、平気になってしまっていることに愕然としますが、そのうち、付き合っている意味はないな、と思い始めるのです。

実際、1人でいても、大丈夫になってしまった今では、恋人と離れていることは特別苦しいことでもありません。

今や、自分1人の時間を持てる方が自由で、恋人への気持ちが冷めていくことに気づき始めているのかもしれません。

このようにして、遠距離恋愛は終わっていくのかな、と終わりについて思うようになるとは夢にも思っていなかったでしょう。

遠距離恋愛が冷めるときの気持ち2・忙しくて思い出さない

仕事や勉強などが忙しくて、充実しているために、恋人のことを考える暇がなくなっていくということもあります。

遠距離恋愛の場合は、会えない分、自分でなんとかしないと気持ちが離れていくんだと、痛感するのもこういう時です。

さらに、自分が忙しい時に、恋人から連絡がきたりすると、あれほど楽しみにしていたはずなのに、今は、煩わしく感じてしまうことになっていくのです。

このように、恋人よりも優先したいことができると、やはり気持ちはそちらにとられていきます。

特に遠距離恋愛では、すぐに会えない分、相手のことを考えなくてもいい時間が増えてしまい、その隙間にやりたいことや仕事が入ってくることで、恋愛感情が冷めてしまうということがありうるのです。

遠距離恋愛が冷めるときの気持ち3・浮気を疑う、疑われる

恋愛につきものといえば、残念な話ですが、浮気のことがあります。

これは、疑うのもしんどいし、疑われるのも辛いものです。

いくら言い訳をしても一度不信感を持ってしまうと、そこから離れることができないものです。

疑われるの方も負担を感じますし、疑う方も、不安な気持ちになって、ストレスを感じることになります。

疑われた、ということで、相手に対しての気持ちが冷めてしまうということもあるでしょう。

また、疑う方も気持ちが離れていってしまうかもしれません。

やましいことは何一つないのに疑われてしまうと、信用されていないと感じてしまい、それが原因で、信頼関係に亀裂が入ってしまい、だんだんと気持ちが冷めていってしまうのです。

遠距離恋愛が冷めるときの気持ち4・他に好きな人ができた

これは、遠距離恋愛でよくあることですが、恋人と会えない寂しさを他の身近な異性で補ってしまうということがあります。

初めはそんな気がなかったのに、いつか、恋人以外の異性の方に気が入ってしまって、遠距離にいる恋人への気持ちが冷めて入ってしまうのです。

これは、なかなか会えない恋人よりも、身近な人の方が気持ちが伝わりやすいために、逆転現象が起こったということでしょうか。

これは浮気の一つだといえますし、恋愛関係にある恋人に対しては、ある意味裏切りと言えます。

しかし、人は好きな気持ちには嘘がつけませんし、気持ちが冷めてしまったのなら、相手を傷つける前に正直に伝える必要があるかもしれません。

関連ページ:遠距離恋愛をする男性心理。本音で付き合うことが長続きさせるコツ

遠距離恋愛が冷める時に男性が出すサインとは?


始めた頃は、順調に進んでいた遠距離恋愛。

しかし、日が経つにつれて、同じことを繰り返すことに疲れ、終わりの見えないことに不安を感じ始めます。

そのうち、気持ちが薄れて離れていく時が来るかもしれません。

そんな時は、きっとそれとわかるサインが見えているでしょう。

遠距離恋愛が冷める時に男性が出すサイン1・連絡の頻度が下がってくる

これは男性に多い最もわかりやすいサインと言えるのですが、気持ちの高まりや冷め具合が連絡の頻度にストレートに現れるということです。

もし、遠距離の彼氏からの連絡が、以前よりも急激に間隔が開いてきているな、と感じたら、これは別れたいサインの可能性と考えてみる必要があります。

男性からの発信の連絡も減りますが、女性からの連絡に対しての返信が遅くなったり、内容が希薄になったりすることで、気持ちが現れてきます。

これまで女性からの連絡に対して、遅くても1日以内に返信があったのが、2日や1週間と遅くなったり、また、既読スルーされてしまったりしたら、これは危険信号と言えそうです。

何もないのに、そんな変化は起こりません。

かといって、長距離恋愛では、その原因を探るのは難しいので、結局、うまくいかなかった、ということで別れにつながってしまうことが多いのです。

遠距離恋愛が冷める時に男性が出すサイン2・会う回数が減る

遠距離恋愛を始めた頃は、とにかく会いたい一心で、次の予定を立てて、それを楽しみにしていたはずです。

ところが、日にちが過ぎるに従って、連絡の頻度が減っていき、それに合わせて、会う機会も減少してしあうことがあります。

女性の方が、次にいつ会える?とと聞いても、予定がわからないというふうに、はっきりしない態度を見せてきたら、これは危険信号です。

将来を見据えて、恋愛を続けたいのなら、会わないということは当然マイナスだというのはわかっているのですから、これは、はっきりと確信犯だと言えるでしょう。

これは、ただ単に会うのが面倒になったのではなく、恋愛の自然消滅を意識して、別れたい気持ちをちらつかせていると見た方がいいでしょう。

遠距離恋愛が冷める時に男性が出すサイン3・言い訳や嘘が増える

男性が出すサインとして最もよく見られる現象は、言い訳です。

ストレートに別れようとは言いたくないために、何かのきっかけを狙っているのです。

その言い訳の中に、明らかな嘘が混じるようになったら、もう脈なしの状態と考えてもいいでしょう。

今までは、少々忙しくても、逆にいつ会える?と聞いてきたのに、いつからか、女性の方から会いたいと入っても仕事が忙しい、と口癖のように言い訳し始めたら、要注意でしょう。

さらに、友達と会う用事がある、といって、他の女性とのデートのことを誤魔化していたり、体調が悪いとか言い出したら、もうこれは気持ちが冷めてきたと遠回しに伝えているようなものです。

嘘や言い訳は、面と向かっては言いにくいのに、遠距離恋愛では、簡単に言える状況があり、男性はそのことに安心してしまっているのです。

遠距離恋愛が冷める時に男性が出すサイン4・デートの約束などを渋る

これは、当然のこととしてわかることですが、別れを考えている男性にとって、先のことを約束するのは、嫌なんですね。

適当に誤魔化して、嘘をついておくというのもあるかもしれませんが、そこまでの嘘はつけないとなると、約束すること自体を渋ることになります。

嘘の約束をするということは、やはり、女性に対して申し訳ないと思うのでしょうが、誤魔化しても、別れたい気持ちは伝わってきてしまいます。

例えば、夏休みの旅行、クリスマスや誕生日のイベントの約束などははっきりと約束しようとしません。

初めの頃は、男性の方から積極的に、ライブに行こうとか、休みに旅行に行こうと計画を立てようとしていたのが、そんな話が出てこないとすれば、別れを意識しているサインだと言えるでしょう。

関連ページ:遠距離恋愛で別れてしまう原因とサイン、結構多い復縁するカップル

遠距離恋愛で冷める原因、連絡しない理由とは?


遠距離恋愛で、連絡を怠ると、まず気持ちが離れていきます。そして2人の関係が冷えていって、れない感情も冷めてしまいます。

これが別れにつながるわけです。

しかし、長距離恋愛には、連絡をしなくなる要素がいっぱいあるのです。

遠距離恋愛で連絡しない理由1・話すことがない

男性の行動ははっきりしていることが多いので、この場合もわかりやすい例だと言えるでしょう。

男性から連絡がない理由の1つとして、考えられるのは、話すことがないということです。

普通、男性の多くはこまめに連絡をするという習慣がありません。

そのために、女性からのLINEにも、また余裕ある時に返そうと思って、そのまま忘れるなどが平気で起こってしまうのです。

また、何か言いたいことがある時は、連絡をよこしますが、特に話すことがない、という状態になると、途端に連絡がとぢれるというのも男性の特徴です。

このように、遠距離恋愛が続くと、離れているためか、話題を見つけられず、会話も受け身になりがちです。

これだけで、別れの要素を見つけるのは、ちょっと気をつけた方がいいでしょう。

男性は、このくらいは普通のことだと思っていることが多いのです。

それを許してくれると、思っているのかもしれません。

遠距離恋愛で連絡しない理由2・連絡するのがめんどい

女性の方は、こまめに電話やラインでのやりとりをすることが大切で、そのようにしてコミュニケーションをとることで、遠距離恋愛も長続きする、と考えるものです。

ところが、男性はそこの部分は非常に雑で、好きだから構わない、必要な時に連絡すればいいだろう、と思っていたりします。

男性は、自分の判断を重視しがちです。

女性の気持ちは、しっかりと伝えないと、男性は自分の感覚で判断する傾向があるので、女性の気持ちを汲み取ることは難しいのです。

ここは、女性がしっかりと教えていかないと、いつまでも変わりません。

これを放置すると、そのうち、連絡がないことが当たり前になり、お互いの心が離れていくことにつながる可能性もあるのです。

遠距離恋愛で連絡しない理由3・愚痴を聞くのがイヤ

男性の傾向の一つとして、マイナスの話を聞くと、イヤになる、というのがあります。

イラッとしてしまうわけです。

ラインで送られてきた内容によっては、そんな男性の気持ちを逆撫でするようなものがあるかもしれません。

しかし、これは女性からすれば、男性の勝手で、また女性の方が辛くなることにつながります。

そして、また、愚痴を送ってしまう。

男性は、聞くのがイヤなので、適当に返事したり、返事がなかったりするのです。

男性にも問題はあります。

女性が愚痴を言いたくなるようなことがある、ということで女性への思いやりを見せる必要があるでしょう。

しかし、女性も、愚痴よりも、男性が気持ちよく返信できるような話題を送れば、いい感じの返信が来るかもしれません。

結局、お互いに悪い方へ影響しあってしまう状態ですが、それが長く続くと、気持ちが離れてしまうことにもつながりますので、相手への気遣いを考えた方がいいでしょう。

遠距離恋愛で連絡しない理由4・忙しくて時間がない

遠距離恋愛が始まったきっかけが、男性の仕事の都合だとすると、これは十分起こり得ますので、気をつけた方がいいでしょう。

男性にとっては、新しい場所での生活が始まったことに加えて、新しい職場での仕事も始まったわけです。

新しい職場で自分の生活リズムやパターンを築いていくというのは、かなりエネルギーを使います。

そんな状態の中で、仕事とプライベートのバランスを崩してしまうこともあります。

仕事が忙しい、という言葉の裏に、とても大変なんだということを汲み取ってあげないと、それくらいで連絡をくれないなんて、と逆効果になります。

遠距離恋愛は始まった時が一番余裕のない時です。ここをしっかりと乗り切らないと、長続きどころか、始まってすぐに、別れ話なんてことが起こってもおかしくないのです。

遠距離恋愛で会わないことで冷めるわけは?


仕事や学業が忙しくて、会えない、ということが起こってしまうかもしれない、それが長距離恋愛の怖さです。

お互いに時間のやりくりをして、一定の期間ごとに会っていくことが長距離恋愛ではとても大切なことです。

それが、次第に間隔が開いてしまい、そのうち会おうという気持ちすら生まれなくなったら、もうこれは、終わりが近いのかもしれません。

遠距離恋愛で会わないことで冷めるわけ1・相手を信じられない

遠距離恋愛では、相手の行動は見えないことになるので、どうしても不安になってしまう、というものです。

だから、お互いに信じ合えるように、普段から話をして、気持ちが通じるように努力しなければなりません。

しかし、嘘をついていたり、ごまかしたりするとそれがきっかけで、浮気が発覚してしまうと、もう恋愛関係を続けることは難しいでしょう。

こう入ったことは、少しずつわかってくることで、おかしいな、と感じる前触れというものはきっとあったはずです。

しかし、遠距離恋愛の場合はすぐにそれを確認できず、相手も離れている分、ごまかし続けることができます。

そして、いつからか、今度は会えないから、先延ばししてほしい、とか言ってくると、もう手遅れになっているかもしれません。

遠距離恋愛で会わないことで冷めるわけ2・他にやりたいことがある

遠距離恋愛が始まって、男性の方が新しい生活を始めた時に起こりやすいことなので、要注意です。

それは、仕事や勉強に夢中になってしまい、さらにそこでの人間関係にどっぷりとハマってしまうと、前のことがだんだんわずらしく感じるといくことです。

そうなると、恋人のことを考えるのは、時には面倒な感じに思うようになり、そのうち、冷めてしまうこともありえるのです。

女性の方にしたら、気になるので、何度も連絡を入れると、今度はその連絡が多くなったことに対してわずらわしさを感じてしまうということがあるのです。

女性にしたら、仕事と自分、どっちが大事なのか、と思いたくなりますが、一度そういう状態になってしまうと、後戻りは難しいものです。

遠距離恋愛で会わないことで冷めるわけ3・身近な人が魅力的に見える

遠距離恋愛が始まると、一方が新しい場所で生活を始めることになることが多いですね。

そこで出会うことは、何から何まで新しいことばかりで、とても魅力的に感じてしまうものです。

そして、新しい人間関係の中で出会う人も、今までの生活から離れて、魅力を感じてしまうことがありえるのです。

まさに、有名な歌謡曲「木綿のハンカチーフ」の状態になってしまうわけですね。

こうなった時に、遠距離恋愛では、すぐに対応することが難しかったりして、話をしてみた時には、もうすでに遅かった、ということもあり得ます。

恋愛は、気持ちの問題なので、いったん気持ちが離れてしまうと、それを元に戻すことは困難になってしまうのです。

遠距離恋愛でよくある冷める理由とは?


遠距離恋愛を続けていたら、なぜか気持ちが変わってしまって、気がついたら、恋愛感情が冷めてしまった、ということがあります。

どちらか一方だけが冷めることもあるし、どちらもなんとなく冷めてしまった、ということもあります。

いずれにしても、遠距離恋愛で、気持ちが冷めたら、もうこれは終わりが近いと考えることが普通でしょう。

それくらい、遠距離恋愛を成功させることは大変なのです。

遠距離恋愛で冷める理由1・信用されてないと感じた

遠距離恋愛では、お互いの信頼関係がとても重要だと言われています。

それが、自分のことを信用してくれていない、と感じてしまうと、その瞬間から、気持ちが冷めていくことが起こるのです。

自分が好きな人が、自分のことを信じてくれない、となると、本当にショックですね。

何度話をしても、信用してもらえないと思ったら本当に辛いでしょう。

さらに、スマホの中を勝手に覗かれたとかになると、もうショックは計り知れないものになってきます。

遠距離恋愛は、遠くに離れている分、100%相手を信頼できなければ、続けることは難しいのです。

その信頼関係を作るための努力をお互いがどれだけ頑張ったか、で気持ちは通じ合えるものです。

そして、思いやりの気持ちが欠けると、好きじゃないのか、嫌いになったのか、と思ってしまって、遠距離恋愛を続けようという気持ちが冷めてしまうのです。

遠距離恋愛で冷める理由2・喧嘩が絶えない

喧嘩をしたまま放置しておいて、うまくいくことは普通の恋愛でも難しいでしょう。

遠距離恋愛なら、なおさらです。

特に、女性の方から見ると、男性の行動が歯痒くて、もっとこうしてほしい、と思うことが多かったりします。

それを受け止めた男性が、すんなりとわかってくれたらいいのですが、場合によっては、そのことが気に障って、喧嘩に発展することがよくあるのです。

そして、こんな厄介なことを抱えたまま、恋愛を続けていくのはしんどいな、と思ってしまうと、喧嘩を仲直りするどころか、気持ちが離れていってしまうということにつながっていったりするものです。

遠距離恋愛では、近くにいる恋人のような喧嘩は大変危険です。

もし、喧嘩になりそうだと感じたら、そこは気持ちを抑えて、相手の立場を考えてみるということを大切にしましょう。

遠距離恋愛で冷める理由3・話していても楽しくなくなった

男性が遠距離恋愛で疲れてしまう理由の一つに、彼女からの束縛から逃れたくなった、というのがあります。

女性の方からすれば、束縛しているつもりはなく、もっと相手を知りたい、好きな人のために何かしたい、といった愛情によるものなのですが、得てして、男性がそれを束縛だと感じることはよくあることなのです。

お互いに、自分が見えないところで、相手が何をしているのかはわからないので、気になってしまうのは当然です。

しかし、ここで遠距離恋愛では、無条件に相手を信頼するということを覚悟を持ってしないと、うまくいかないのです。

信頼できずに、その結果うまくいかなかったとしたら、それは、相手のことよりも、信頼しなかった自分に原因があると思わなければいけません。

遠距離恋愛で冷める理由4・他に気になる人が現れた

残念ながら、ここでの現象は、遠距離恋愛を終わらせることになるでしょう。

それは、離れて会えない思いを埋めてくれる他の人に出会ってしまった、ということです。

その人よりも、自分の方が強く思っている、と言っても、遠距離恋愛の場合は、すぐに会えないという不利な状況があり、その結果、心が離れていってしまっても、どうにもできなかったりするんですね。

ただし、気になる人が現れたことを、正直に伝えた時に、相手の行動がそれに答えて、本当に愛情深い、相手のことをとことん思っていた場合は、その気持ちによって、恋愛感情が復活するということもあり得ます。

それくらい、恋というものはわからないことが普通なので、勝手に諦めるのはやめましょう。

遠距離恋愛が冷めることについてのまとめ

遠距離恋愛には、お互いが近くにいない分、気持ちが冷めるということも起こりやすくなります。

そんな時は、相手の気持ちが冷めてきたな、ということがわかるサインがいくつか考えられます。

もちろん、連絡が途絶えてしまったり、返信が戻ってこなかったりしたら、もう危険領域に入っているのですぐにでも会って話をした方がいいでしょう。

また、いくら会おうと言っても、いろんな言い訳をして、会おうとしない、ということは、もうすでに気持ちは冷めているのかもしれないということがわかったと思います。

恋愛が冷める理由もいくつか考えられましたが、それらを参考に、せっかくの長距離恋愛をうまく進めていってほしいと思います。

関連ページ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面は?

タイトルとURLをコピーしました