社内恋愛のリスクとメリットを聞いた。交際を禁止されても秘密にして結婚へ


人と人が出会うことは、全く違う生き方をしている人と接していることです。

恋愛ともなると、そこには、感情的なつながりだけでなく、日常での生活のつながりも増えていきます。

こういうことは、さまざまな負担をお互いに背負うことになり、これは、1人でいるよりも、リスクを伴うことになります。

好きだという感情だけで済まない、さまざまな課題に直面する時に、そのリスクを冒してまでも、恋愛を続けていくかどうか、社内恋愛ならではの問題がそこに見えてくるのです。

社内恋愛のリスクより結婚を選んだ理由とは?


社内恋愛から結婚というパターンは、最近はどんどん減ってきているそうです。

社内れないそのものも、以前よりは少なくなり、中には、職場で禁止されていたり、バレないように、すごく苦労している、ということも多いようです。

恋愛が周りに知られることで、生じるリスクがいろいろあるようで、それを乗り越えて結婚までたどり着いたということは、すごいことのようです。

社内恋愛のリスクより結婚を選んだ理由1・本性が分かりやすかった

学生時代は、遊び中心の姿と、勉学の姿では違っていたりします。

職場で知り合った場合は、遊びの姿よりも、仕事をしている姿の方がよく見えるでしょう。

この仕事というものは、真剣にやると、その人の嘘のない姿が現れるものです。

それを間近で見ているのが職場での付き合いで、そこでは、相手の本性を見ていることになります。

学生時代もそうですし、職場以外で知り合った場合も含めて、相手の本性を見るには、かなりの時間が必要になるでしょう。

それが、職場での付き合いでは、仕事をする相手の姿を見ることで、よく見えるわけです。

細かい性格や、コンプレックスなどは、結婚しないとわからなかったりしますが、仕事の上での振る舞いや、他人と接する姿勢などから、さまざまなことが見えてきて、結構相手のことがよくわかった状態で結婚に至ることが多いようです。

社内恋愛のリスクより結婚を選んだ理由2・相性が良かったから

やはり結婚となると、お互いの性格での相性というのはとても気になるものです。

仕事に対しての理解があるのは当然ですが、同じ職場に採用されて、共通点が多い、ということは考えられることなんですね。

恋人時代と違い、一緒に住み、生活すると、さまざまなことで、お互いに理解しあわないといけないことがたくさんあるものです。

子供の教育方針や生活のパターンでも、分かり合えるこということがとても大切なんですね。

同じ職場を選び、そこで出会った2人には、元々、分かり合える要素が多かった可能性があります。

そこに加えて、毎日同じ職場で一緒に過ごしたという、仲間としての絆も加わって、理解が深まりやすい状況が生まれていくわけです。

社内恋愛のリスクより結婚を選んだ理由3・考え方が近かったから

職場が同じだと、一緒に過ごす時間が多くなって、その中で、必然的にお互いの考え方や気持ちを知る機会が増えます。

仕事をするときは、その人の人間的ないいところも悪いところも見えるので、そこへの理解も深まります。

ただ、お互いの考え方が近いということはとても重要な要素です。

子育て、育児、教育といったことは、2人の間で考え方に違いがあると、それが原因で、結婚生活そのものが続かなくなるくらい、影響力が大きいものです。

また、結婚となると、経済面での問題も出てきますが、同じ職場なら、そこは分かりすぎるくらいわかっています。

それによって、結婚後の予定も立てやすくなります。

そして、結婚後の出産、育児といった場面でも、諸悪馬から理解を得やすいという利点も考えられます。

関連ページ:社内恋愛は別れた後が気まずい。辛いから仕事を辞める、復縁もあり

社内恋愛にリスク以上のメリットがある理由とは?


社内恋愛には、他と違うメリットがあるようです。

もちろん、リスクもあるので、全ての恋愛がうまくいくわけではありません。

しかし、社内恋愛ならではの良さがあって、恋愛が発展する可能性を持っているのです。

社内恋愛にリスク以上のメリットがある理由1・友達から発展しやすい

異性を友達としか見られない、といった話もよくあります。

特に職場では、仕事上の付き合いというものがあり、同性と同じように接することを要求されますから、そこに恋愛感情を持ち込むことはリスクを伴います。

このような環境ですから、恋愛関係になるのは、少ないかと言えばそうでもないのが実情です。

それは、まさに、男女関係の難しいところであり、不思議な側面でもあるのですね。

普段は、社内の人だからと一歩引いて接しているために、なかなか近寄り難い側面を持っているため、何かの機会があると、一気に相手を恋愛対象として意識してしまう、ということがあります。

例えば、飲み会や社内旅行などのイベントはかなり可能性が高い場面だといえそうです。

社内恋愛にリスク以上のメリットがある理由2・仕事が楽しくなる

仕事となると、働いてお金をもらうわけで、その分ある程度はしんどいこと、厳しいことに出会うことは当然だと言えるでしょう。

しかし、恋愛をすると、職場に行けば好きな相手に会えるわけで、これほどモチベーションが上がる場面もないのではないでしょうか。

これは、とんでもないメリットだといえそうです。

普通のカップルなら、仕事の休みを合わして、デートして、ということになるのに、社内恋愛だと、仕事に行けば会えるというのですから、毎日会えることになります。

もちろん、職場でベタベタしては、もう問題行動になり、一般人としての常識からも外れてしまいますが、付き合っていることを秘密にしている限りにおいては、問題はありません。

仕事上の制約はあるにせよ、好きな相手と会える・話す時間がある、ということで、やはり仕事に行く気持ちも上がるというものです。

社内恋愛にリスク以上のメリットがある理由3・相手の本性がわかる

仕事以外の場所での出会いとなると、ハズレクジを引く可能性はかなり高いと言えるでしょう。

相性や考え方といったことまで、分かり合える相手などは、なかなか出会えるものではありません。

あっている時だけ、見せる姿というのは、作ったものとも言えるし、何かの機会に本人の本性が見られた時に、がっかりするということもあるわけです。

しかし社内恋愛となると、逆に、仕事に向き合う、プライベートとは違う真剣な姿や、自分以外の人と接している態度などを見ることができます。

さらに、同僚という第三者目線を通しての評価を聞くことになり、そういった情報をもとに、相手のことを深く分析できる、というメリットは大きいといえそうです。

社内恋愛にリスク以上のメリットがある理由4・男女関係が苦手な人も可能性がある

学生時代を終え、社会に出てしまうと、通勤、仕事と時間に制約も生まれ、仕事以外での人間的つながりはぐんと減ってしまいます。

そういう状況の中で、異性との出会いを恋愛まで持っていくのは、誰でもできるものではありません。

中には、そういうことが得意だという人もいるかもしれませんが、逆に、不得意な人にとっては、出会いの機会は極端に少ないわけです。

そんな人にとっても、社内の人であれば普段の挨拶から業務上の話など、ある意味出会いの機会はあることになります。

また、仲良くなりたいなと思った時に、職場で見知った関係の方がお互いに話しやすいことになります。

そして、知り合ってから、趣味が近かったり、地元の話題などで盛り上がったりすると、それで親密になりやすいでしょう。

このように、社内では盛り上がる話題がたくさんあるので、その分男女関係が不得意な人でも社内恋愛は関係が進めやすいと言えそうです。

関連ページ:社内恋愛がバレるきっかけは雰囲気から?隠すことにもデメリットがある

社内恋愛で秘密を守れなかった時のリスクとは


社内恋愛を禁止している会社もたくさんあります。

表向きは禁止としていなくても、推奨しない、という言い方をしている会社もあります。

それは、やはり、恋愛関係を職場に持ち込むことは、さまざまな問題につながると考えられているからです。

ただ、黙って、付き合いを秘密にして表に出さない限りは、これは別です。

そこまで立ち入る権利は会社にはありません。

ところが、その秘密を守れなかったときは、とんでもない、問題へとつながるリスクを生みます。

それはどんなリスクでしょうか。

社内恋愛で秘密を守れなかった時のリスク1・周りとの人間関係が悪くなる

社内恋愛がバレてしまうと、まず考えられるのは、周りの人からの冷やかしを浴びるということです。

恋愛脳技はあっという間に広まりますから、会社の中で、行くところ行くところで洗礼を受けることになるかもしれません。

こうなると、仕事のことで二人で話をしていたとしたとしても、そこで冷やかされるということが起こることも多くなるかもしれません。

これも、冷やかしならまだマシかもしれません。

ひどい場合になると、誹謗中傷や陰口、さらには悪口や悪い噂になっていたりします。

ありもしないことを、聞かされたときは、唖然としてしまうくらいでしょうが、恋愛に対するやっかみや嫌がらせは尋常ではありません。

社外での恋愛なら、気にせずに済むことも、社内となると、毎日会わなければならないので、逃げることもできません。

これが講じると、周りの人との人間関係にも亀裂が生じてしまうかもしれないのです。

社内恋愛で秘密を守れなかった時のリスク2・部署替えや人事異動の対象になる

実は、会社が社内恋愛をあまり良いとしていない理由は、人間関係だけでなく、仕事上での秘密や共有する特定の情報が、恋愛という特殊な関係の中で、漏れたりすることがあるからなのです。

したがって、禁止していることをやるわけですから、もちろんそれに対する罰則ということも考えておかないといけません。

それが原因で解雇するのは、労働基準法でも許されていないのであり得ませんが、部署替えや人事異動はありうるということです。

会社が社内恋愛を禁止している理由をよく理解して、どこまでも秘密にして、バレないようにしないと、ヘタをすると、将来の出世、昇格まで影響してきます。

そして、望まない、職種への移動などを受け入れざるを得ないとなれば、恋愛そのものも破綻へと向かう可能性だって出てくるのです。

社内恋愛で秘密を守れなかった時のリスク3・別れた後が最悪になる

これは、本当によくある問題で、恋愛には避けられないことです。

それは、2人の関係が破綻して、別れてしまった時です。

バレてなかったら、本人たちの中のことで、自分たちでそれを克服すればいいことです。

しかし、秘密がバレて、知れ渡った後に、別れたとなると、お互いに気まずいだけでなく、周りの目も気になって仕方のないことになるでしょう。

当然、別れたからといっても、一方が会社を辞めるなどというのは、本末転倒であり得ないでしょう。

だからと言って、上司に、別れたので気まずい、だから異動させてくださいとは言えません。

今後も同じ職場で、同じフロアで毎日顔を合わせていかなくてはいけない、ということはやはり辛いことですね。

社内恋愛で秘密を守れなかった時のリスク4・最も怖いのは不倫関係

社内恋愛の中でも、絶対に手を出してはいけない、絶対に避けなければならないのが不倫です。

だからと言って、「不倫をしたら解雇」という会社はまずありません。

しかし、不倫は見つからなければ、関係が終わったらそれで終了ですが、バレてしまうと、これまで築き上げてきた人としての信用までも一気に崩れ去ってしまいます。

これほどのリスクがあり恋愛もないくらいです。

もちろん、表向きは、不倫をしたから、こうなると決めている会社はありません。

しかし、人事異動で望まない仕事へ配置転換させられる、ということは、十分ありうるでしょう。

また、大切な信用を失っているので、大事な仕事を頼まれたり、大切な立場に推薦されたりすることはなくなるでしょう。

これは会社によりますが、異動や減給もありうるでしょう。

さらに、業務中の不貞行為となると、最悪、損害賠償を求められるということまで考えられるのです。

後悔だけを生む、不倫だけは手を出さないことです。

社内恋愛が禁止されている職場でのリスクとは?


職場で社内恋愛が嫌われるのは、やはり仕事の上でのトラブルが多く起こってしまうからです。

そのトラブルは人間関係だけでなく、仕事内容、取引関連、さらには情報漏洩とどこまでもかぎりがなくなっていくようです。

そんな社内恋愛のリスクを考えて、秘密を守ることは、人としての勤めだと考えましょう。

社内恋愛禁止の職場でのリスク1・秩序や風紀が乱れる

仕事をするということは、社会人としての立場をわきまえる必要があります。

会社というところは、人がいて始めて成り立つところです。

したがって、そこに勤める人間は、一社会人としての常識やマナーを持ち合わせていなければなりません。

ところが、恋愛が絡むことで、そこに個人的な感情が入ってしまい、周りが見えなくなってしまう人も出てきたりするのです。

恋愛をしている人は、自分たちの問題だし、誰にも迷惑を掛けていないと思っているのですが、実は知らないうちに迷惑を掛けていたりするのです。

休憩室でいちゃついたり、同じフロアでアイコンタクトを取ったり、自分たちは良くても、周りはすごく気を遣ってしまいます。

やはり、責任を持って、バレないようにすべきだし、バレたらそれこそ、職場では周りに感じさせないように努力すべきですね。

社内恋愛禁止の職場でのリスク2・セクハラやパワハラの危険

順調に付き合いが進んでいたら、いいのですが、その関係が険悪になってしまうと、普通の関係よりも極度に悪化するという場合があります。

会社もそういったトラブルには神経をとがらしていて、最悪は犯罪やトラブルによる訴訟まで発展したりすることを恐れています。

そのために、社員同士の恋愛については、神経質になっているわけです。

普通に付き合っているときは問題がなかった関係が、破局した途端に、トラブルを産んでしまうということがあります。

そのトラブル内容がセクハラやパワハラになって、一方的に加害してしまったりするのですね。

また、未練が残って、ストーカー行為になってしまったという例もあります。

このようなことが起こると、被害届を出したりするので、会社としても知らん顔ができなくなります。

社内恋愛禁止の職場でのリスク3・守秘義務を守る必要がある

同じ会社に勤めていても、部署が違うの、扱う情報も変わってきます。

中には、他にも漏らしてはいけない守秘義務が絡んでくる情報もあるのです。

例えば、経理部なら企業のお金のことですし、人事部なら人事関係のこともたに漏らしてはいけません。

これが、本来であれば漏れないはずが、恋人だから大丈夫だろうと、つい話してしまったりすると、それが、他に漏れてしまうということもないとは言えません。

他の部署にしたら、秘密を知ったという気になり、他の人にも、秘密にしておいて、といって話してしまう、ということです。

不思議と人は、秘密、といわれると、誰かに話したくなってしまうものなんですね。

最悪は、巡り巡って第三者へと知れ渡って、社内から社外にまで漏れたとしたら、これは会社にとって損害まで被ってしまうことになるのです。

社内恋愛がバレたときのリスクとは?


いろいろな面から、社内恋愛は秘密にしておいた方がいい、ということがわかってきたと思います。

しかし、本人たちは意図しなくても、バレてしまうということがあります。

そして、バレた瞬間から、周りの目が変わってしまいます。

どんなリスクを背負ってしまうことになるのでしょうか。

社内恋愛がバレたときのリスク1・周りとの人間関係が悪くなる

社内恋愛がバレてしまうと、周りから冷やかされることは避けられないでしょう。

恋愛関係の噂というものは、本当にすぐに広まってしまうので、本人たちは仕事のことで話をしていたとしても、周りから冷やかされるということが多くなるのです。

冷やかしならまだ善意の範囲ですが、場合によっては悪意を持った誹謗中傷や陰口ということも起こってしまうかもしれません。

その裏には、昔の彼や彼女からの嫉妬が絡んでいるかもしれません。

ひょっとしたら、あからさまに嫌がらせをする人も出てこないとも限りません。

社内恋愛というのは、バレることが大きな問題を生む、というそんなリスクを知って、バレないようにすることが大切なのですね。

社内恋愛がバレたときのリスク2・人事にも影響する

せっかくバレないように頑張っていたのに、結局、周りにバレてしまうと、その後に起こることがさまざまな悪影響につながるということから、会社の方は防衛する行動に出ます。

それが、人事面で、他の部署へ移動させたり、場合によっては、他の会社へ出向させられたりと、厳しい人事異動が行われるかもしれません。

そうなると、将来の出世にも大きく影響してしまいます。

バレてしまったら仕方ない、といった軽い気持ちで社内恋愛をすると、とんでもない事態に発展しかねない、ということを心に留めて、あくまでもバレないように、最新の注意を図ることが大切なのです。

社内恋愛をする、ということは、それなりの覚悟を持たないとダメだということを覚えておきましょう。

社内恋愛がバレたときのリスク3・別れた後が最悪になる

社内恋愛で最も大きなリスクは、別れた後のことです。

2人の恋愛関係が終了して、別れたからといっても、それでどちらかが会社を辞めることはないでしょう。

しかし、別れた2人が同じ職場で、最悪は同じ部署で目の前にいる、ということになると、気まずいことはこの上ないでしょう。

気まずいから、部署を変えて欲しいなんていっても、門前払いにされるのは当然です。

会社としても、別れた時点で、逆に恋愛状態がなくなって、ホッとしているのかもしれません。

周りはなんとも思わないことですが、当人たちにとっては、とても重大な問題を抱えてしまうのが社内恋愛の破局なのです。

今まで、付き合っていた時は同じ場所に居られることが幸せだったのに、別れた瞬間に、本当に辛いことになってしまいます。

社内恋愛をするときのリスクのまとめ

社内恋愛は本当にリスキーな関係です。

好きになってしまったから仕方ない、といってしまえばそれまでですが、本当に将来のことまで考えていたら、軽率な行動はしないのではないでしょうか。

そこを考えずに、周りにもわかってしまうような恋愛関係を続けると、会社の方も目をつむっているわけにはいかないでしょう。

リスクというのは、うまくすれば避けることができるということでもあります。

人を好きになるというのは、感情だけの問題ではなく、いろいろな人を巻き込んで、いくものだということを肝に銘じておく必要があるということです。

もちろん、ゴールまでたどり着けば、多くの人に祝福されて、ころっと状況は変わると思います。

それまでは、やはり、こっそりと、2人の関係を育んでいくのが一番だということでしょう。

関連ページ:【ラブサーチの使った口コミ】マッチングアプリのラブサーチ、出会いの評判

タイトルとURLをコピーしました