【片想いが辛い】苦しいの対処法を紹介/好きな人がいるけどどうすればいい?


「これだけ思っているのに、相手の気持ちがわからない。」

「もし、嫌われてしまったら、どうしよう。」

片思いの女性は、男性のことを思う喜びと同時に、それを失う不安を抱えてしまいます。

何せ、思いは通じていないわけで、通じないという苦しみが大きいほど、相手のことを思う気持ちは増していく、そんな感じになっていくものです。

そんな時間が経過するうちに、気持ちは自分の中で増幅されてしまい、ますます不安な気持ちに襲われてしまうんですね。

そんな片思い女子の辛い気持ちの原因、そしてそれを解決するための解決法について様々な角度から検討してみました。

これが少しでもお役に立てたらと思います。

片想いが辛い・苦しいのはどうして?原因について

片想いが辛い原因1・相手の気持ちを確かめることができないから

相手の気持ちが分からないとネガティブな気持ちを抱きがち

好きという気持ちは、どんどん大きくなっていくのに、相手の気持ちがどうなのかは、いつまで経ってもわからない、そんな状態になっているのでしょう。

直接聞いてみたらいいのだろうか、と何度も考えてみても、やはり、それだけはできない、と考えてしまいます。

まだ、自分のことを相手に知ってもらう機会もないのに、気持ちだけ伝えても受け入れてもらえるはずがない、と思っているからです。

相手に自分のことをもっと知ってほしい、と思いながら、そういう行動に出ることができないから、余計に辛いのです。

わかっていながら、行動できない、いつまで経ってもネガティブな思いばかりが湧いてきて、そこから離れることができない。

そんな辛い思いからどうやったら抜け出せるのでしょうか。

片想いが辛い原因2・好きな気持ちに捕らわれてしまうから

捕らわれる時間が長いほど辛い気持ちになる

片思いが始まった頃は、彼のことを考えるだけで、とてもハッピーになれた。

それなのに、時間が経つにつれて、なぜか辛い気持ちの方が大きくなってしまう。

この二つの気持ちが、お互いに影響し合って、どちらの気持ちもより強くなってしまうんですね。

よくある話で、結ばれぬ恋が故に、より思いが強くなっていく、という話にも近い状態かもしれません。

彼のことを思い浮かべることが嬉しかった反面、それが進まない状態が長くなってしまい、ますます不安が増してきます。

彼のことが頭の中に、ドカンと居座っている時間が長ければ長いほど、そこに空白を作る怖さが増してきてしまうのです。

これは、何かの行動をしない限りは、いつまでも居座り続けるかもしれません。

片想いが辛い原因3・告白をすることで今の関係性が壊れる可能性があるから

友達に戻ることもできなくなる可能性がある

さて、その行動ですが、一番わかりやすいのは「告白」です。

しかし、こちらが思い続けていることを、彼がどれくらいわかっているのか、ひょっとしたら、全く恋愛対象の中に入っていない可能性だってあります。

そんな状態で告白しても、ヘタをすると、迷惑がられてしまう可能性だってあります。

今は、友人としての会話もできるし、近くで彼のことを見ることもできます。

しかし、告白した途端に、彼の態度が変わり、距離を置いてくるかもしれない、友人としての関係にすらヒビが入ってしまって、もう友人にも戻れないかもしれない。

考えれば考えるほど、悪い結果のことばかり思い浮かべるので、結局告白する勇気は湧いてこないのですね。

片想いが辛い原因4・相手の反応に一喜一憂してしまうから

相手の口調や態度で喜んだり悲しんだりと疲れてしまう

片思いの状態では、相手のことを見ていることのほぼ大半は思い込みになってしまいます。

そして、その思い込みは悪い方に行ってしまいがちなんですね。

彼の一言一言が気になるので、ついつい聞いてしまい、その口調や態度で一喜一憂してしまい、また、疲れてしまうのです。

この思いのよくないのは、彼から直接聞き出したわけでもなく、話を聞いて、そこから自分の思い込みで判断している点です。

自分の都合のいいように解釈してみたり、逆に自分勝手に悪い方に解釈してみたり、なんの根拠もないのに、そんなふうに感じてしまう、そこに片思い女子は陥りやすいんですね。

そこから抜け出さない限りは、いつまで経っても辛い気持ちから離れることはできないでしょう。

片想いが辛い原因4・相手が異性と楽しそうにすることに嫉妬してしまうから

だれかと楽しそうにしていると気になって仕方がない

これは、まさに片思い女子がはまってしまう、落とし穴のようなものです。

この気持ちが起きてしまうのは、人間の本質のようなもので、なかなかうまくコントロールできません。

彼が他の女性と話をするのは、全く自分とは関係のないことで、彼の自由なんですが、そことは無関係に嫉妬が湧き起こってくる、まさに人間心理の落とし穴なんですね。

では、どうしたら、その嫉妬心にとらわれずに済むのでしょうか。

それは、彼ときちんとした話をする以外には、絶対に逃げ場所はありません。

ただ、それができないから、話ができる場面でも、日常会話だけになってしまい、本質的な話は何一つできないまま、時間だけが過ぎてきたわけです。

時間が経過すればするほど、嫉妬心に襲われる頻度も大きさも増していくでしょう。

片想いが辛い原因5・自分が認められないような自己嫌悪に陥るから

相手から好かれないのは自分が悪い(顔・学歴・性格など)からだと思い込む

片思い女子は、相手の男性から、なんとか好かれたいという思いだけは持っていますが、それに見合う行動には写せていないんですね。

その代わり、行動に移せない理由や言い訳を考えてしまうのがよくあるパターンです。

その一つが、自分の中に原因がある、と決めつけている場合です。

自分の顔では好かれない、自分は彼に見合うような学歴を持っていない、すぐに気にしてしまう性格だから、それが顔に出て、きっと彼はいい印象を持たないんだ、と自分勝手に理由を決めて、だからできないんだ、と決めてしまっているのではないでしょうか。

そこから抜け出すには、自分の中に否定的な要素を探すのではなく、肯定できる要素にも目を向けて、それをアピールできるような会話や行動をしなければ、彼に思いは通じないでしょう。

片想いが辛い原因6・他人と自分を比較してしまうから

自己嫌悪から他人と自分を比較して落ち込んでしまう

自分の中のダメなところに目がいって、それをもとにして、自分はこれだからダメなんだ、思うのも辛いですが、もっと辛いことがあります。

それは、他人と比較して、そこに原因を考えてしまうことです。

彼女の方が顔が可愛いし、話し方だって、異性を惹きつける感じがある。学歴だって、自分よりはずっと上だし、性格もきっと好かれやすいに違いない、といったふうに思い、自分で勝手に恋のライバルといった見方をしてしまう場合です。

残念ならが、これはほとんどが妄想に近いもので、片思い女子が陥りやすい、思い込みの最たるものと言えるでしょう。

この状態から抜け出すには、他人との比較よりも、自分の中身を磨いて、自分自身が相手にとって魅力的な女性になることが一番大切なんだと、心に決めていくことが重要です。

関連ページ:【片思いが辛い男性】好きすぎて辛い・苦しい・やばい理由と対処法

片想いが辛い・苦しいの対処法/好きなひとがいるけどどうすればいい?


やはり彼には付き合っている女性がいるみたい、好き人がいて、親も公認の相手らしい。

そんなことが、次第にわかってきたら、片思い女子は、一瞬、地獄に落とされたようなショックを受けてしまいます。

そこまではっきりした情報でなくても、どうも、こちらの方には全く興味がないらしい、ということがはっきりしてくると、もう、どうしたりいいか、片思い女子は悶々として日々を過ごすことになります。

こんな状態から抜け出す方法を、いろいろな方向から、提案してみます。

片想いが辛いの対処法1・距離を置く

相手のSNS(Twitter・Instagram・Facebookなど)は一切見ない

まず、今まで大切にしてきた相手との接点を断ち切っていきましょう。

初めの頃は、そのつながりこそが全てだと感じていたでしょう。

しかし、今となっては、辛い思いだけを増幅させるものになっています。

Twitterで何をつぶやいたかをみていたことなど忘れてしまいましょう。

インスタやFacebookも、もう必要のないもののはずです。

今までそこで楽しい思いをしてきたことを忘れたくない、と思うのも心情としてはわかりますが、そんな思いは月日と共に薄れていきます。

本当に大切なことを自分の中に取り入れるものとして

自分で納得して整理していく必要があるものです。

今は、彼のことをSNSから調べるのは、一切やらないことです。

相手の連絡先(SNS・電話番号など)は消去する

男性のツイートも投稿も見ないことは決めた。

それなのに、彼がどんなことを言ってるのか、気になって仕方ない。

それなら、もう荒療治をしないと、精神的によくないでしょう。

それは、もう相手のアカウントや電話番号、メールアドレス、全てを消去してしまうことです。

もう二度とみないと決めたのなら、そこまでやってしまえば、そのうち、存在が心の中から消えていくでしょう。

番号があるから気になるのです。

アドレスがあるから気になるのです。

スマホの中に彼の存在が感じられるから辛いのです。

気にしない、と決めた以上、もう必要のないものです。

その執着心から脱することがまず第一歩だと心得ましょう。

相手に会う機会をなるべく減らす

これほどまでして、彼のことを忘れようとしても、職場や学校で会う機会があるから、仕方ない、と思っているかもしれません。

しかし、これも、合わないように工夫することは可能でしょう。

さらに、自分の中で、割り切った場面を決めていくことも重要です。

これは、職務上のことだから、仕方ない、とか、同じクラスだから仕方ない、というふうに割り切って、儀礼的に振る舞うことです。

もともと、片思いで彼に遠慮する必要は全くないのです。

何か彼に遠慮しなければならないことをしていたのであれば、それはそれですが、片思い女子は好きになったというだけで、それ以上気にする内容はないはずです。

とにかく、できるだけ会う機会を減らす。

もし合わなければ仕方のない場面なら、事務的に、儀礼的にこなして、まるっきり普通の人として接することに徹することです。

最初はちょっと違和感があるかもしれませんが、そこは割り切って、徹底しましょう。

相手の思い出の品(写真など)は捨てる

今まで片思いを続けてきたことで、心の中に居座っている彼の存在。

それを裏付けるようなものが、結構たくさん溜まっているかもしれません。

写真もたくさんあるでしょう。

紙に印刷したものもあれば、スマホの中に残されたものもたくさんあるでしょう。

そう言った、彼の思い出につながるものを、全て捨て去ること、これが辛い思いから抜け出すための最良の方法です。

思い出として残しておきたい、と思うのは、やはり彼にまだ未練が残っているからかもしれません。

友人としての付き合いが、と思っているうちは、辛い思いからも抜け出せないものです。

彼は、もう今となっては、ただの男子で、友人以下だと決めていかないと、自分を大切にできません。

片想いが辛いの対処法2・相談をする(誰かと一緒にいてもらう)

辛い思いを吐き出すと楽になる

人間、辛い時に、誰かに聞いてもらいたい、と思うのは普通のことで、それで随分気が楽になるものです。

今回の片思いの辛い体験は、絶対に誰かに聞いてもらうべきです。

自分の中で綺麗に解決した、と思っていても、心の中にくすぶって、何か機会があるごとに蘇ってきたりして、自分の心を苦しめることになりかねません。

そんな不幸を避けるためにも、友人に話を聞いてもらって、スッキリさせることが大切なんです。

これは、方法というより、そになければ人は立ち直ることはできないんだと割り切ってもいいと思います。

多くの人はそうして、苦しい思い出から立ち直ってきたはずです。

1人で解決できることなんて、結構少ないのかもしれないのです。

1人で考え込むと悪い方向に考えてしまう!誰かと一緒に過ごしましょう

自分は1人でいるのが好きだから、と言って1人で考え込んでいると、なかなか気持ちの整理ができず、やはり、落ち込んでしまうものです。

そこは頑張って、誰かと一緒の時間を増やしましょう。

他人と一緒にいると、まず気が晴れます。

別のことに取り組んでいるとそこに気がいって、気分転換ができます。

それは仕事の仲間や親、サークルなどの人でも構いません。

その人と、何か別のことに一緒に取り組める、それだけで随分気が楽になるはずです。

忙しく、仕事や家事に取り組んでいる最中は余計なことを考えることもないので、辛いおみでから抜け出すには絶好の機会です。

1人で考え込むのだけは、絶対に避けてほしいことの一つです。

友人など誰かといる時間を増やしましょう

特に何をするでもないのですが、とにかく1人でいる時間を減らすことです。

そのためには、気の合う友人と過ごす時間を今まで以上に大切にしましょう。

そこで何気ない話をしたり、お茶を飲んだり、映画を見たり、ショッピングをしたりと、楽しいことをすると、本当に気が晴れます。

そこでは、辛い思いを聞いてもらうことまでいかなくても、一緒にいて、楽しい行動をするだけで少しずつ気分が楽になってきて、辛い思い出が薄らいでいくものです。

何か楽しいことを1人でやろうと思っても、何かの瞬間に、彼のことを思い出したりして、ついつい昔のことを思い出したりしてしまって、結局しんどいだけ。

でも、友人と楽しいことをしていると、そういったことは全く考えなくても、楽しい時間を過ごせます。

まずは、楽しい時間を過ごすことで、辛い思いから抜け出しましょう。

片想いが辛いの対処法3・泣く!(映画や音楽などで思いっきり泣く)

思い切り泣くとすっきりする!映画や音楽などで思いっきり泣きましょう

感情を思い切り出すことで、スッキリとすることってありますね。

片思いの辛さから抜け出すために、ここは思い切り泣いてみましょう。

方法は、映画をみたりや音楽を聞くことがいいでしょう。

もちろん本を読んだりするのもいいですが、どちらかといえば、思いきりなく、という目的としては、映画や音楽の方が音も大きく、思い切り泣くことも気兼ねなしにできるでしょう。

自分が抱え込んでいる辛い気持ちを吹き飛ばして暗い感動的な話や音楽に触れることで、気持ちが浄化されて、少しはスッキリするかもしれません。

ただし、この方法ではあくまでも、悲しみを別のことに置き換えただけで、本当の意味で解決したことにはなりません。

でも、いつまでも、落ち込んで、次の行動に移れない状態の方が問題です。

辛い気持ちをひたすら紙に書く!書くことですっきりする

これは、極めて単純ですが、気持ちの整理をするという意味では、とても効果的です。

自分が今の気持ちに至った経緯を書き出すことで、冷静に自分を見つめ直すことにもなります。

ひょっとしたら、自分が思っていたよりも、ことの経緯がシンプルで、なんだ、こんなことだったのか、と思うこともあるかもしれません。

人に気持ちを伝えるのは難しくても、紙の上なら自分の思いを正直に書きつけることができるでしょう。

そして、次にどうしたらいいのか、というところまで思いを馳せてみたら、結構いい解決方法を思いつくかもしれません。

まずは、髪を用意して、ペンを用意して、心に浮かんできたことをどんどん書き出してみましょう。

そして読み返せば、自分の今の気持ちが客観的に見えて、やる気が湧いてくるでしょう。

片想いが辛いの対処法4・趣味など没頭できるものを探す

興味のあることに挑戦しましょう!新しい体験をすることで気持ちがリフレッシュする

自分の気持ちが少しでも整理がついたら、次は気持ちを別のものに向けていくことです。

そのためには、好きなことが一番です。

興味のあることに取り組み始めたら、それが趣味となって、これからの自分の生活にも意味が出ます。

好きなことやりたいことをしているときは、没頭できるので、嫌なことを考える暇もありませんし、やり遂げた感覚が、とても充実させてくれるので、辛い気持ちを乗り越えるのにピッタリでしょう。

今、特に趣味と呼べるものがないのなら、好きな料理やお菓子作り、アクセサリーづくりなど、今までやったことのないことに挑戦するのも手です。

身近のところにヒントがあるので、なんでもチャレンジしてみるのもいいでしょう。

片想いが辛いの対処法5・思いっきり体を動かす(汗をかく運動をする)

思い切り汗を書くことで気持ちがすっきりする

気分転換の方法としておすすめなのが、スポーツで汗をかくことです。

ランニングやスポーツジムでのトレーニング、ダンスのレッスンなど、動きが比較的激しくて、汗をかいて、息が切れる方が、やった後にスッキリするものです。

ハイキングや山登りで自然の中で動くのも気分転換には最高です。

動いている時はしんどいですが、そんな時は、辛い片思いのことは忘れることができるでしょうし、スポーツはやり遂げた時の感覚が充実しているので、気持ちもスッキリします。

ただ、準備が必要以上に大変なものは、取り掛かるのに手間なので、できたら、簡単に始められるものの方がいいでしょう。

入口が広い方が抵抗なくスタートできるということです。

サッカーやバドミントンなど友人とできるスポーツがおすすめ

友達と一緒に取り組みことで、スポーツの楽しさは倍増します。

多人数で取り組みスポーツの方が、いろんな人とのやりとりがあり、気持ちも盛り上がります。

サッカーやフットサルのような球技も男性の中に混じってやってみると楽しいものです。

室内で簡単に取り組めるスポーツとしては、バドミントンや卓球がありますが、卓球は難しいのでバドミントンの方が初心者では楽しめるかもしれません。

テニスやサイクリングは、やってみたらとても楽しいものですが、準備とか装備が高くついたりしてしまい、継続ができないかもしれません。

どうせ取り組むなら、これからも続けていけるスポーツに取り組んだ方が、結果として楽しめるでしょう。

片想いが辛いの対処法6・雄大な自然を満喫する(旅行など)

雄大な自然を見ると悩みなんてどうでもよいと感じる

片思いの辛い気持ちの時に、家の中に閉じこもっていては、ますます気が滅入っていくものです。

ちょっと近所の公園を散歩するだけでも、少しは気分転換になるでしょう。

さらに、ちょっと足を伸ばして、山や海、川、牧場など、大自然を感じることができる場所へ行くことも、とても気分転換になるものです。

そこで、美味しいランチを食べたり、自然や動物と触れ合うことで、非日常を味わうことができ、とても気分転換には役立つものです。

残念ながら、辛い気持ちを抱えて、部屋にこもっていても、気分は落ち込んでいくばかりでしょう。

まずは服を着替えて、スニーカーに履き替えて、自然の中に飛び込んでみたらきっと、スカッとした気分に出会えて、いいことを思いつきそうに思えませんか。

旅行に行くと気分が一新する

なんとかして気分を一新したい、と思うとき、ここは思い切って、休みの日に、友だちと旅に出ましょう。

傷心を抱えた一人旅、というのはあまり得策ではありません。

あくまでも、辛い気持ちを整理するためですから、友人と複数で旅行する方が、楽しくて思い出にも残るし、いろいろな話も、旅行ならではの会話ができて、びっくりするくらい気分転換になるかもしれません。

行き先を考えるのも楽しいですし、いった先で何をするとか何を食べるとか、考え出すと、ワクワクすることばかり、辛い片思いでくよくよしていることが、小さなことに思えてくるかもしれません。

これをきっかけに、旅仲間ができて、今後の人生でも大きな役割を担ってくれるかもしれません。

片想いが辛いの対処法7・思い切って告白する

相手の気持ちを聞きましょう!

片思いの辛さを吹っ切るためには、やはり相手から直接真意を正すのが厳しいですが、はっきりします。

ここで、相手の本当の気持ちを確かめて、こちらも気持ちの整理をつけるためです。

相手も、そんなに強く嫌っているわけではないかもしれませんし、ただ、今の自分にはそんな気にはなれない、といったものかもしれません。

もっとはっきりと、あまりタイプじゃない、ということもあるでしょう。

さらに、もうすでに付き合っている人がいて、結婚の約束までしている、ということなら、よりわかりやすくて、気持ちの整理もつきやすいでしょう。

直接聞かないとわからない部分もあったりします。いろいろと、抵抗はあるかもしれませんが、思い切って告白するのは一つの選択肢として持っておきましょう。

辛い片想いを吹っ切るには新しい出会いも大切

辛い片思いに終止符を打つことができた、さらに、いろんなことをして、気持ちの整理もついてきた。

こうなったら、もう次の新しい出会いに方へスタートを切ることもありですね。

もちろん、身近な人に照準を合わせるのもあり得るかもしれませんが、そこでもまた、同じように片思いなんてことになったら大変です。

ここは、一つ思い切って、恋活・婚活のマッチングアプリの力を借りてみるのも一つの方法として考えてみてはいかがでしょうか。

いろんなサイトがありますが、どこも趣味や仕事、考え方、地域や年齢などで自分と話が合いそうな人に照準を絞って、メールや電話のやり取りからスタートできるので、やってみる価値はありそうですね。

片想いが辛いの対処法8・他の異性との出会いを大切にする

あなたに関心・好意を持ってくれる異性との出会いも大切です

これは、片思いと逆ですが、相手から自分に好意を持ってもらうようになったらいい、という話です。

これは、じっと待っていても、まず何も起こらない状態なので、やはり、自分から異性の中にとびこんでいかなければなりません。

そうして、向こうのほうから、アプローチしてくれた時に、相手との相性などを知っていけば、その後の展開も考えることができますね

さあ、もう片思いは終わりました。

これをきっかけに、合コンやサークル活動にも積極的に参加しましょう。

もし身近にそういう機会がなければ、先ほどのマッチングアプリ内で、同じ趣味を持ったコミュニティなどがあるので、そこに参加するのも近道かもしれませんね。

関連ページ:【PCMAXの体験談】マッチングアプリは出会える?出会いの体験

諦めたほうがいい片想いもある!?諦めなくてもいい片想いとは?

諦めた方がいい片想い1・相手にパートナーがいる場合

相手に恋人がいる・既婚者の場合は諦めましょう

片思いになってしまったら、好きになった相手ですから、なんとしても結ばれたいと思うのは普通です。

しかし、世の中には、ならぬ恋というのもあるものです。

それを無視して、一線を超えてしまうと、人生が大きく狂ってしまうことさえあります。

当然のことですが、この部分だけは注意した方がいいでしょう。

相手に恋人がいる

もうすでに相手の男性は付き合っている女性がいる場合は、これは、あまり深入りしない方が身のためです。

それでも、自分の方が絶対にいいはずだ、とこちらの方へ気をひいて、というのも恋のバトルとしてはあり得ますが、どちらかが傷つくことは目に見えています。

触らぬ神に祟りなし、で自分が傷ついた時のことを冷静に考えて、まずは引き下がることが得策です。

相手が既婚者の場合

この一線を越えることは、もう大きく人生の流れが変わってしまう可能性があります。

もし、片思いが成就された場合は、「不倫」ですから、その先がどうなっていくのか、誰でもいいことは思いつきません。

男性がこちらに振り向いて、さらに、離婚して一緒になろう、とまでいったとしても、そこには茨の道が待っています。

それでもいい、自分は燃えるような恋をして人生を楽しみたい、なんてことを思っているのなら、それは勝手ですが、一応お薦めできる話ではないでしょう。

あなたに好意・関心を持ってくれる相手を探しましょう!

片思いの相手が、すでにパートナーがいると分かった時点で、ここで気持ちを大きく切り替えて、次の恋を求めて行動するくらいの方が幸せになれます。

いつまでも片思いを続けても、結末はいい方に向かわないのは目に見えているわけですから、他に、ジウンに好意を持ってくれる人、関心を持ってくれる人を探した方が、絶対に無難です。

大体、パートナーを裏切ってまで、こちらに乗り換える人は、下手をすると、何度も同じように相手を作っては不倫を繰り返す、とも想像できます。

そんな危ない世界に飛び込むより、もっと自分をわかってくれる人との出会いを探した方が幸せになれるでしょう。

はっきりいって、世の中は男女半数ずついるわけで、考えようによっては、まだまだチャンスはあるということになりますからね。

諦めた方がいい片想い2・相手からの連絡や誘いが全くない場合

あなたに好意・関心があれば相手から連絡や誘いがあるはずです

片思いの末、こちらからLINEを送ったり、メールを送っても、返事がない、というのは、もうすでに終了です。

また、連絡があったとしても、事務的な返事だったり、スタンプをポチッと押してあるだけだったり、これは脈なしですから、もう諦めた方がいいパターンです。

もし、相手が、少しでもあなたに関心があったり、好意を持っていたら絶対にこうはなりません。

連絡がない、冷たい対応をする、といった時点で、拒否されているのですから、それはそうと受け取った方がいいのです。

また、まだ好意とまで行かなくても、気になるレベルでも、やはりきちんとした返事があるでしょうし、場合のよっては、こちらを思って、誘いをかけてくれるかもしれません。

なしのつぶてになっても、諦めきれないというのは自分を悲劇のヒロインにしているだけで、失うものが大きすぎます。

諦めた方がいい片想い3・2人きりで会おうとしてくれない場合(あなたへの好意がない)

好意のない相手とは2人きりで会うことはしません

友だちとしての付き合いにはしっかりと対応してくれる場合があります。

しかし、決して2人っきりでの行動は起こらないというパターンです。

いつも、友人何人かで遊びに行ったり、飲食を共にしたりすることはあるけど、2人でとなると、何かと口実をつけて避けてくる、というなら、もうこれは、拒否されているのと同じでしょう。

友だち付き合いは続けて行っても、決して実らぬ恋です。

片思いを続ける意味がありません。

相手は、好意を持っていないことを遠回りに伝えているだけです。

ただ、冷たくあしらうのが嫌なんで、みんなで一緒に楽しむという行動をとっているだけです。

もう次のことを考えた方がいいでしょう。

諦めなくてもいい片想い1・相手に特定のパートナーがいない場合

相手のパートナーがいない場合はチャンスがあります

好きになった相手のことをいろいろと聞いてみたら、どうもまだ決まった相手はいないみたい、となったら、この片思いはどこまでも成就させるよう、頑張ってみるべきでしょう。

確かに、相性というということもありますし、趣味や好みが合わないということで、自然と離れるということはないとは言えません。

しかし、それは、2人で付き合ってから、自然とわかってくることですし、そうなったらそれはそれで問題になることではありません。

片思いのまま、ずっと悶々としているよりは、積極的に働きかけた方がスッキリすることもあり得ます。

相手に恋人がいないとわかった時点で、ダメもとで、アプローチしてみるのも一つの手かもしれませんね。

諦めなくてもいい片想い2・相手から連絡や誘いがある場合

好意・関心のない相手に連絡や誘いはしません

恋人のような感じとは行かないまでも、しっかりと返事はくれるし、遊びへの誘いをしてくれる場合は、これは脈アリと考えて、あきらめる必要はないでしょう。

ただ、まだ恋人としての対応はしてこないわけで、ここは我慢のしどころです。

少しでも相手のことを知って、少しずつ距離を縮めていくのが得策でしょう。

慌てて、言い寄ってしまって、相手から、拒否されてしまったら台無しです。

機が熟すまでは、思いが少しでも伝わるように、いろいろな面で自分を磨いていきましょう。

その繰り返しの中で、いい人だな、とか、この人ならうまくいくかもしれない、と思った時に、それが恋に発展していく可能性は十分にあるのではないでしょうか。

諦めなくてもいい片想い3・2人だけで会ってくれる場合

2人で会おうとするのは好意・関心がある証拠

まだ片思いかもしれないけど、2人で会ってくれるようになった。

これは、かなりいい兆候だと言えそうですね。

彼の方も、まだ本命としての意識は持っていないかもしれないにせよ、2人で会うということは、それだけ気を許している証拠。

十分関心があるからこその対応だと考えられるでしょう。

もちろん、かなりの遊び人で、誰とでもそういうことができる人というのもいたりしますが、その場合は、その噂はきっと広まっているはずですから、そういう相手とはやはり距離をおくべきでしょう。

そこの見極めはあなた次第ということになりますが、普通の場合なら、彼はかなり好意的にあなたをみているんではないか、という感じですね。

諦めなくてもいい片思い4・あなたに相談をしたり弱いところを見せている場合

嫌いな相手に相談したり弱みを見せることはありません

こういったことが起こってくれば、それは次第にあなたに好意を持ち始めている可能性が高い状態だと言えそうです。

嫌いな相手に相談をしてくることはまずありえません。

そして、弱みを見せるということは、逆に、自分のことをもっと知ってほしい、という気持ちの表れと言っていいでしょう。

かなり、いい線まで進んでいるように感じられるので、ここは素直に受け入れて、優しく接していくことが重要です。

これからも、自分の気持ちを大切にして、2人で歩んでいけるようにしましょう。

そのためには、お互いのことを理解し合うことが重要です。なんでも話ができるような関係になればそこから恋愛関係になるのは時間の問題ですね。

関連ページ:【片思い女子あるある】恋愛の胸キュンに思わず共感!好きな人あるある

片想いの人は要注意!嫌われる行動を紹介します

注意点1・1日に何回も電話やLINEをする

しつこい相手は嫌われる

こんなに好きなんだということをアピールしてしまうのは、片思い女子では絶対にしてはいけない行動です。

気になるので、ちょっとした用事を見つけて電話をかけたり、小さな質問のようなことでLINEをしたりすることは、多分、相手の男性にとっては、うっとおしい行動だと受け取られるでしょう。

はっきり言って、男性でも女性でもそうですが、しつこい相手は嫌われるのです。

片思いがすぎると、気になって仕方ないので、電話やLINEで確認しないと気が済まないのでしょうか。

しかし、それは、相手の男性にはただ単にしつこいやつ、としか見えません。

それは、好意どころか、嫌悪感につながっていく、恐ろしい行動なんです。

相手の都合を考えましょう

しつこいのも本当に問題なのですが、相手の都合を考えない行動も迷惑になります。

朝早くや夜遅くに突然の電話をしたり、連続して何通ものLINEが届いたりしたら、男性はどう思うでしょう。

相手の都合を考えていない行動は、相手からすれば、本当に迷惑行為で、いくら彼女が自分に気があるからと言って許せることとそうでないことがあったりします。

その結果、彼の怒りを買うことになり、今度は嫌われてしまう、という結末が訪れるわけです。

このような、常軌を逸したような行動に出てしまうのも、片思いが過ぎて、相手の気持ちをきちんと把握できていないからです。

結局、片思いが原因で男性から振られてしまうという、悲しい結末が訪れるわけです。

注意点2・断られても何度も誘う

相手から誘ってくるのを待ちましょう

片思い女子は好きな男性と一緒にいたい、という思いが強いため、何かと誘いをかけてしまいます。

男性から一度断られても、彼女自身の思いが強いため、やめた方がいいと思いながらもまた、誘ってしまいます。

初めのうちは、丁寧に断りを入れていた彼も、あまり二度が過ぎた行動に、そのうち、もうやめてほしい、と強い調子で返事をしてきたりするんですね。

ここまで行って、やっと目が覚めて、やめておいたらよかったと思うのですが、後悔先立たずです。

そんなわけで、片思いの辛さは余計に強いものになって行ってしまうのです。

片思いでなんとかしたいという、思いがあるからこその行為も、度が過ぎると相手に不快感を与えることを覚えておきましょう。

注意点3・2人きりで会うことに拘る

グループで会って2人の距離を縮めていきましょう

片思い女子は、彼と2人でいると夢心地になって、自分を見失いがちになります。

それが、相手の男性にとっては、すごく扱いにくいと感じられてしまうことになります。

それを防ぐ方法としては、できる限り、グループで会うようにして、その中で会話を増やしていくことをお勧めします。

グループ内での会話なら、その後の話にもつなげやすいし、男性も気兼ねなく、楽しい話ができます。

そこで、少しずつ距離を詰めていって、相手が誘いをかけてきて初めて2人だけの会話へと進んでいけば、女性に対しての好感度もアップして、いい結果につながる可能性も増えます。

焦って、2人だけになりたいと思うのは当然のことかもしれませんが、そこをグッと抑えることが上手くいくコツなんですね。

注意点4・相手に気を使いすぎる(自分らしさを見失う)

気を使われすぎると疲れてしまいます

これは女性の性格にもよりますが、好きな男性のことを気遣うあまり、何かと先回りしてしまうんですね。

その気配りが、あまりにも細かくて、男性は、気疲れしてしまう、ということが起こるのです。

女性が気を使うのは、美徳として昔から重要視されてきました。

だから、気配りができる、というのは、素晴らしいことなんですが、気を使い過ぎて、その気配りが男性にとって重荷に感じてしまうんですね。

女性の方からすれば、これくらいの木は使って当然だろうと思うことも、相手の男性にとっては重荷になる、これは、やはり、片思いの辛さからくる、勘違いの状態が起こっているのかもしれないです。

適度に気を遣って、相手が気持ち良く接していけるような距離感を手に入れなければ、この恋は空振りになってしまうでしょう。

片想いが辛い・苦しいの対処法についてまとめ

さて、片思いの辛さから逃れるための対処法についていろいろな角度から考察してきました。

片思いが辛くなる原因についても、いくつか挙げましたが、それらから工夫して、抜け出すことも考えられそうですね。

しかし、なかなか上手くいかず、結局片思いで終わってしまった時の辛さは、かなりのものです。

そこから立ち直っていく方法もいくつか挙げてきました。

さらに、片思いで苦しんでいる時の相手の行動から、その片思いが成就するかどうか、そして、女性の方はどのように行動したらいいのか、ということもわかっていただけたと思います。

最後に、片思いで苦しんでいる人が陥りやすい、失敗を踏まえて、やってはいけない行為、というものを挙げてみました。

ぜひ参考にしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました