初デートでカラオケに誘う男性心理は何。付き合う前に歌って似合う曲とは?


初めてのデート、2人きりで楽しみたい。

そんなとき、歌が好きなカップルにとって、カラオケはとても楽しめそうですね。

でも、カラオケに行くには、少し考えなければならない問題もありそうです。

果たして、初デートにカラオケはありかなしか、さらに、カラオケをめぐる、心理のこと、さまざまな課題について、検証してみました。

初デートでカラオケに誘うのあり?それともなし?


男性からすれば、カラオケで楽しもうよ、と気楽に話を出したつもりでも、受け取る女性にとっては、一大事です。

そこには、乗り越えなければならない、いくつかの課題があるのです。

そんなことも含めて、男性が女性をカラオケに誘うのはありか、なしかについてその理由をあげてみました。

初デートでカラオケに誘うのがありの理由1・親密になりやすい

カラオケで、お互いに好きな曲で盛り上がって、意気投合。

さらに、相手の歌に合わせて、手拍子、コーラス、とどんどん絡むことができるでしょう。

うまくいけば、初デートでもぐんと、距離が縮まって、親密になれるのがカラオケです。

一緒に狭い空間にいて、自然と距離も近くなっているので、相手を意識しやすくなります。

そこで、積極的に話をしたり、同じ曲を2人で一緒に歌ったりすれば、自ずと互いの距離は近くなるでしょう。

女性との距離が縮まって、親密度が増したな、と思ったら、次のデートの話も出しやすくなります。

相手の女性が、どんな反応を見せるのか、しっかりと状況を見極めていけば、今後の進展にもつながりやすいと言えるでしょう。

初デートでカラオケに誘うのがありの理由2・お金がかからない

初デート、思い切って、ディナーなんてことは、まずあり得ませんね。

大体、これから付き合おうかという若者ですから、お金が有り余っていることは考えにくいものです。

カラオケでデートをすると、費用を安く抑えられますからね。

例えば、2時間コースで、飲み放題をつけても1人3,000円もかからないでしょう。

これで、夕食代にお金を回すことができます。

男性にとっては、お金を有意義に使うことは、一大事です。

その分、女性は服装や髪型にお金をかけてきてくれているわけですから。

これからの進展も考えて、カラオケ代も夕食代も男性の方で持ってあげたい、そう思うのが男性心理でしょう。

女性の方は、カラオケ代くらい持ってもいい、と思うかもしれません。

いずれにせよ、カラオケ代が安くつくことは、お互いにメリットがありますね。

初デートでカラオケに誘うのがありの理由3・時間を気にせずに済む

初デートの場所や内容、考えれば考えるほど、決めにくくなってきます。

そんなとき、カラオケでのデートと決めてしまえば、結構気が楽になるでしょう。

例えば、カラオケデートだと、天候を気にする必要がなくなります。

そのため、予定が狂いにくくなり、時間のことを気にする必要がなくなります。

また、時間制限の中での遊びなので、いつ終わるかもはっきりするので、夕食の時間なども早めに設定でき、女性にとっては、帰りにことを気にすることがなくなり、一石二鳥です。

遠くでデートをすると、遊べる時間も短くなり、帰りの電車のことも気になります。

その点、カラオケなら、駅のそばなので、食事場所や帰りの時刻のこともまず気にならないでしょう。

これは、女性にとっては、とても安心材料なので、初デートとしては、メリットと言えるでしょう。

初デートでカラオケに誘うのがなしの理由1・下心を疑われる

これは、初デートまでのお互いの話や知り合ってからの長さなどにもよるのですが、まだ、知り合って間もない時や、あまり会話らしい会話もまだできていないようでしたら、初デートでのカラオケはあまりおすすめではないかもしれません。

まず、カラオケでは密室状態になってしまいます、

まだ、男性のことも十分知らない女性にとっては、付き合ってもいない異性とカラオケの部屋に入ること自体、怖く感じてしまうかもしれません。

カラオケデートを提案してきた、男性にも警戒感を持つかもしれません。

最悪の場合、当日になって、デートをキャンセルされてしまう可能性だって出てきます。

それは、まだ、お互いのことがわかっていないため、女性も下心があるのでは、と疑う気持ちにもなってしまうのです。

初デートでカラオケに誘うのがなしの理由2・歌の好みが合わない

もし、初デートでカラオケに誘いたい、と思うのなら、相手の好きな歌のジャンルが自分と一致する、ということを確認してからにしないといけません。

突然歌い出した曲が、自分が全く好みでない曲だったりすると、ドン引きしてしまいます。

これは、男性にとっても同じで、女性の歌う歌が、あまりにも自分の好みとかけ離れていたりすると、せっかくのデートに対する気持ちが萎えてしまって、残念な展開になることもありうるのです。

お互いのことを理解する、というのは、異性間での付き合いでは、絶対に必要です。

なぜなら、男女の間では、いくら解ろうと思っても、できないことがたくさんあります。

せめて、デートの時くらいは、お互いに気兼ねなく、分かり合える内容で楽しむべきです。

カラオケも、お互いがwかりあうツールとして機能すればいいですが、気を遣ったり、不機嫌になったりするようでは、逆効果ばかりが目立ってしまいます。

初デートでカラオケに誘うのがなしの理由3・盛り上がらなかったら最悪

これは、盛り上げようと、必死になってがんばっていたのに、がんばればがんばるほど、場の雰囲気がまずくなってしまうというパターンです。

せっかくのカラオケデート。やはり場を盛り上げないと、と自分の得意な歌を一生懸命歌ったら、それが受けず、白けてしまったという話です。

特に、マニアックな歌や、オタクに近いようなアニソンなどは、相手によっては、全く興味のない、聞きたくない音楽かもしれません。

それでもああせてくれる女性ならいいのですが、やはり、カラオケの密室の中では、正直に態度に出てしまうものです。

やはり、カラオケの場では、女性が好むような曲を先に選定して、できれば練習しておくくらいの準備がないと、残念な結果になってしまうかもしれません。

関連ページ:初デートでの脈ありのサインとは?男性女性それぞれの心理との関係

初デートでカラオケに誘う男性心理とは?

初デートでカラオケに誘う男性心理1・会話が得意じゃない

初デートとなると、どんなことを話ししたらいいんだろう、と不安に思うのは当然ですね。

ましてや、女性との会話が不得意な男性にとっては、一大事です。

もし、会話が途中で止まってしまって、気分を悪くしてしまったらどうしよう、と不安になります。

そこで、会話をあまり必要としない、カラオケをデート場所にしてみよう、と思いつくわけです。

下心があるわけでもなく、カラオケなら友達感覚で楽しめる、と思うからですね。

カラオケはとても好きで、いつも楽しい気分で遊んでいるので、大事なデートの場所として誘っていると考えられます。

最近のカラオケ店はゲームができたりDVDの鑑賞も可能なので、さまざまな楽しみ方ができるでしょう。

初デートでカラオケに誘う男性心理2・いいところを見せたい

なぜ、初デートにカラオケをしようとするのか、それは、まず間違いなく、男性が自分の歌に自信があるからでしょう。

その歌を一つの武器にして、自分をアピールしたいと思っているのかもしれません。

中には、普段からひとりでカラオケに行って、練習をしていたり、さらには、お金を出して、ボイストレーニングを受けていたりする人もいます。

もっとすごいのは、バンドでボーカルを担当しているとかで、こうなると、歌で勝負してこようという気持ちです。

だから、女性に歌声を聞かせて、少しでも自分のことを好きになってほしい、という魂胆もあるわけです。
初デートのカラオケは、友達ではなく、付き合うことを意識しての選択だと言えそうですね。

初デートでカラオケに誘う男性心理3・女性の歌を聴きたい

好きな女性の歌が聞きたい。

これは、男性にとっては、ごく自然な感情です。

もちろん、それが全てというわけではありませんが、初デートでカラオケに誘う理由に、女性の歌声をきいてみたいという理由もあるでしょう。

そして、もっと女性のことを知りたい、もっと距離を縮めたい、という思いはカラオケには含まれているのです。

もちろん、中には下心があって、キスを迫ってくるような人もいるかもしれませんが、そこは普段の会話の中で、どういう人かはある程度知っておくことが大切です。

その上で、この人なら大丈夫、と思えたら、一緒にカラオケに行って、歌声を聞かせてあげましょう。

男性が女性位に対して興味があるから、カラオケを選んだとも言えるのです。

初デートでカラオケに誘う男性心理4・2人きりで楽しみたい

2人きり、というと、いやらしいことを思い浮かべてしまうようでは、カラオケは少しばかり危険です。

確かに、店内は個室になっているし、イチャイチャするにはもってこいの場所かもしれません、

しかし、男性のみんながみんな、女性をそういった目で見ているのではありません。

初デートですから、普通は、仲良くなりたい、もっと楽しく時間を過ごしたい、と思うのが普通の男性心理です。

デート以前のやり取りの中身によって、2人の関係はある程度、どう進むのか、少しであっても見えてくるはずです。

そこから、突然、ラブラブになって、などということを期待しているようでは、女性に逃げられてしまいます。

まずは、2人で同じ時間を楽しく過ごす、ということを最大の目的としてカラオケを選ぶ必要があります。

また、店舗によっては本格的な食事を楽しむこともできます。個室でゆっくりと話をして、食事をして、カラオケも楽しむ。

そうすれば、短時間で、充実したデートを楽しむことができるでしょう。

初デートでカラオケに誘う男性心理5・お金をあまりかけたくない

初デートであまり内容を詰め込むと、時間もかかるし、お金もかかります。

それによって、疲れが出て、なんか、しんどかったなあ、とせっかくのデートが台無しになってしまっては大変です。

そういう意味で、カラオケは、とても手軽で、向いているとも言えます。

まず、利用するのにお金があまりかかりません。飲食物も手ごろな値段です。

だから、奢りたいと思っている男性にとっては、とてもありがたいわけです。

まず、男性が初デートでカラオケを提案してきたら、お金がないんだ、と見てあげることも必要です。

それを、デートでケチるなんて、とネガティブに思うようでは、少し男性もかわいそうです。

はじめは、手軽で、短時間で、すっきりと終わらせるほうが、これからのことも楽しみにできます。

焦らず、初デートを楽しむという意味では、カラオケもいいかもしれません。

関連ページ:【イククルの評判】マッチングアプリとweb版の口コミと評価

初デートのカラオケ、付き合う前におすすめできないわけ

付き合う前のカラオケがよくない理由1・歌が下手だと最悪

これは男性も女性も子をつけないといけないことですね。

カラオケで、歌ってみたら、見事に音が外れていたり、伴奏からずれたままで平気で歌っていたりしたら、がっかりするかもしれません。

そんな無様な姿を見せてしまったら、取り返すのも大変です。

男性から、カラオケを提案してくる、ということは、歌がうまくて、その歌でいいところを見せたい、という気持ちが見えるわけですが、さて、いざ行ってみてびっくり。

これで誘うって、どんだけ無神経なんだ、と思わせてしまって、もうこれでおしまいかもしれません。

歌に特別な自信がある場合を除いて、初デートにカラオケは提案しないほうが無難と言えるでしょう。

女性も、誘われて、自信がないのなら、正直に断るべきです。

なんとか頑張って、なんて思っても、歌が下手なのは、バレてしまいます。それも、過度の音痴はかなりイメージダウンにつながりますから、気をつけなければなりません。

カラオケが苦手な人も多くいますから、歌うのが苦手なら、絶対避けるべきです。

付き合う前のカラオケがよくない理由2・歌の好みが合わないと苦痛

せっかくのカラオケで選んだ曲がドン引きで、居心地が悪かった、というのでは大変です。

この選曲については、やはり、事前のやり取りの中で、どんなジャンルの歌が好きか、とか、好きなアーティストの話などをしっかりとして、情報を整えてから考える必要があるでしょう。

この点は、初デートでカラオケを提案した時点で、どんな曲がいいか、はリサーチしたほうがいいでしょう。

自分の好みの曲で、楽しませようと、サプライズで選んだ曲が、全く受けずに、しらけてしまった、ということもあり得ます。

そんな特別なことを最初から期待するのは、避けるべきで、やはり慎重に、相手の好みを聞き出す努力が必要でしょう。

そして、相手の好きな歌を一生懸命練習して、歌う、このほうが相手にもわかってもらえやすいのです。

付き合う前のカラオケがよくない理由3・2人きりが不安に思う

カラオケは2人きりで、なおかつ密室です。

初めてのデートというだけで緊張するのに、そんな密室に入って、ガンガン楽しめる、ということは期待できないかもしれません。

下手をすると、歌うこと自体も楽しめずに、時間だけが過ぎるかもしれないのです。

さらに、相手のこともまだあまりよく知らない段階で、個室で二人きりということに、抵抗がある女性も多いはずです。

初デートでは、もっと打ち解けたいのに、逆に身構えてしまって、距離が広がるということもあるかもし得ません。

選曲中に会話が途切れて、歌を歌っている間も、なんとなく合わせているだけで、だんだん気まずい雰囲気になってしまいかねません。

友達同士で盛り上がるカラオケも、2人きりとなると、勝っても違うし、お互いに十分の力でないのなら、避けたほうがいいでしょう。

付き合う前のカラオケがよくない理由4・下心があると思われる

世の中には、いろいろな人がいます。

カラオケに誘った時に、了解してもらった段階で、この女性は、自分に気があるんだ、と思い込んでしまう人もいるかもしれません。

そんな人は、女性も、同じように思っているんだと思い込んでしまう傾向があるのです。

しかし、女性にとっては、断りにくい状況だったかもしれません。

これを断ったら、次のチャンスがなくなるのでは、と思って了解したのかもしれないのです。

そんな女性にとっては、カラオケの密室は、ある意味恐怖になってしまうかもしれないのです。

よほど、相手と打ち解けて、気軽に話ができて、歌うことにも、分かり合えている場合を除いては、初デートにカラオケはあまりすすめられるものではないかもしれません。

関連ページ:【ラブサーチの使った口コミ】マッチングアプリのラブサーチ、出会いの評判

初デートでカラオケで歌ったら盛り上がる曲とは


人によって好みのジャンルは違いますね。さらに、男性と女性でも、合う、合わないはあるかもしれません。

多人数なら、それも含めて、みんなで楽しもう、ということでいいのですが、2人きりとなると、選曲はとても重要です。

自分の歌いたい曲を考えるだけでなく、相手の好きな曲も事前にリサーチして、頑張って練習しておけなばバッチリかもしれませんね。

カラオケで歌ったら盛り上がる曲1・男性が歌えば盛り上がる曲

相手との親密度を考えて選曲しましょう

歌詞の内容が、だんだん親しくなっていく、といった感じなら、出会ってすぐにピッタリだし、お互いの気持ちを大切にする、といった歌詞なら、かなりいい線いってる感じです。

いずれにせよ、有名な曲で明るい歌を選ぶのが絶対です。

マニアックな歌を選ぶと、聞いている方も楽しくないし、なぜこの曲を選んだんだろうと不信感を持たれてしまいます。

なんのためにデートをしているかをよく考えて選曲しましょう。

それは、相手の女性に喜んでもらうことであって、男性が自己満足になっては、本末転倒です。

場合によっては、女性も一緒になって歌ってもらえるような曲もいいでしょう。

2人っきりですから、一緒に歌うことで、距離がぐんと縮まるのは間違いありません。

そのためにも、有名な明るい歌を選ぶことが重要です。

カラオケで歌ったら盛り上がる曲2・女性が歌えば盛り上がる曲

この曲のことを考える時は、女性が歌うとことで男性が喜ぶことが絶対に必要です。

上手に歌い上げるんじゃなくて、男性が嬉しくなる曲を選ぶ、これは見事に男性の心をいとめるでしょう。

それくらい、男性は女性の可愛らしい歌声には弱いものです。

迷いなく、女性らしさ、可愛らしさをアピールできる曲を選びましょう。

とにかく、女性が恋の歌を嬉しそうに歌うと、男性はそれだけで、キュンとします。

男性は、好きな女性が歌っている姿を聴いているだけで嬉しくなるものです。

歌詞が、男性に響くようなものを選んで、可愛く唄えば、男性へのアピールにもなるし、男性は、脈がある、と思って、きっとアタックしてくるでしょう。

カラオケで歌ったら盛り上がる曲3・歌が苦手な人でも歌える曲

歌が下手、音痴ということが、相手から好きになってもらえない理由とは限りません。

下手なのに、それでいて、それを周りに気遣いさせる人です。

プロの歌手じゃないんだから、楽しく歌えたらいいのです。

2人で楽しく時間を過ごせたらいいわけで、それは楽しそうに歌っているかどうかです。

歌が苦手な人は、誰でも歌える優しい曲を選びましょう。

難しい曲は、どんどん落ち込むだけです。

また、男性と一緒に歌える歌だとか、デュエットソングなどを選ぶと、男性も参加しやすく、楽しい雰囲気が増すでしょう。

何度も言います、デートでカラオケに行ったら、本当に大切なことは、2人で楽しい時間を過ごすことですから。

カラオケで歌ったら盛り上がる曲4・デートで歌ってはいけない曲

初デートでカラオケに行ったら、何がなんでも楽しい思い出にしないと、次はないでしょう。

では、どうやったら、楽しいデートにできるのか、よく考えて行動しましょう。

カラオケでデートするときに、絶対にしてはいけないこと、それは、相手が全く知らない曲は歌わないことです。

自分が好きだからと、相手にも好きになってほしい、という一方的な思いが強くなってしまうと、相手は、それが負担に感じてきます。

表面的には、合わせてくれても、心の中では、この人とはやっていけないな、と思ってしまったりしては、大変です。

心に留めるべきは、あくまでも、デートは楽しむことが目的です。歌自慢の場所になってはいけないのです。

自分が好きだから、と思っても、相手が知らない曲はやめておきましょう。

初デートのカラオケに合う服装と合わない服装

初デートのカラオケに合う服装1・男性ならカジュアルで爽やか

初デートの服装、どんな服で行けばいいのか、誰でも迷うものです。

また、場所がカラオケとなると、外の服装とは、少し違ってきますしね。

さらに、デートでの服装は男性と女性とで少し事情が異なってくるでしょう。

男性の場合は女性に比べると、あまり神経質に考える必要はないでしょう。

あえていうなら、カジュアルで爽やかな服装ということになります。

ここで、絶対に抜けていけないことは、清潔さなんですね。

カジュアルだから、とラフな格好で、来たのはいいけれど、洗濯していない、薄汚れた服装はみっともないし、女性は最も嫌うパターンです。

男性が選ぶ服装は、清潔で爽やか、カジュアルな服装でいいでしょう。

初デートのカラオケに合う服装2・女性なら明るめで清楚

カラオケでデートをするとき、女性の服装で一番の定番はワンピースです。

初デートで、清楚さや女性らしさをアピールする場合は、やはりワンピースが定番だと言えるでしょう。

色は白が無難ですが、控えめな色ならベージュでもいいし、薄めの色ならブルーやグリーンもいいでしょう。
春や秋ならホワイトニットをはおったりしても、清楚な感じをアピールできます。

普段の会話がもっと、ラフな感じの場合は、ジーンズにコーディネイトするのもいいでしょうが、男性が期待しているのはどういう服装か、をよく考えて選んだほうがいいでしょう。

女性らしさを期待してるのなら、やはりスカートは外せませんし、ボーイッシュな感じなら、パンツスタイルがおすすめでしょう。

初デートのカラオケには合わない服装1・堅苦しいスーツやラフなTシャツ

男性の場合、これは避けたほうがいいと思われる服装の代表は、堅苦しいスーツです。

もちろん、ビシッと決めて、カッコはいいでしょうが、カラオケでのデートには不向きです。

初デートで、カラオケを選んだ時点で、楽しいデートにしようという目的がはっきりしています。

高級バーやレストランで、しっとりと、というのではないのですから、やはりそこは考えて服装選びをしないと、女性とのバランスが崩れてしまうでしょう。

また、あまりにラフな服装も、初デートには不向きです。

何度かデートを繰り返して、お互いに気が知れた段階で、両方とも楽な服装を着てデートするようになったら構いませんが、初デートでの服装として考えた場合、それなりの節度を考えたほうがいいでしょう。

初デートのカラオケには合わない服装2・露出度の高い服やセクシー系の服装

女性の服装で気をつけないといけないのは、極端な服装です。

男性に気に入られたいという思いのあまり、露出度の高い服やセクシー系の服装を選んでしまうと、勘違いされます。

胸元をがあらわになってしまう服や、極端に短いスカートを履いてくると、男性が、この子は誘ってきてるな、と見えてしまいます。

もちろん、下心がある男性からすれば、度を過ごした行動へと進みやすいので、嬉しく思うかも知れません。

しかし、普通に歌って楽しみたいと思っている男性にとっては、悪いイメージを持つことに繋がりかねません。

初デートでは、あくまでも楽しく歌うことに徹するべきで、服装で刺激を与えるのは、マイナスだと心得たほうがいいでしょう。

初デートでカラオケを楽しむためのまとめ

さて、ここまで、初デートでカラオケを選んだ場合のことについて検討してきました。

まず、カラオケを選ぶということにも、いろいろ問題が考えられるということで、お互いに納得できることが大切だとわかりました。

特に、男性がカラオケを選んでくる心理を理解した上で、返事をしたほうがいいということもわかったと思います。

しっかりと考えると、付き合う前にカラオケのデートを選ぶのには、デメリットもある、とわかったでしょう。

しかし、男性が提案してきた時に、それなりのやり取りをして、どうするかを納得できるようにしたほうがいいのです。

そして、本当に、分かり合えた時点で、楽しむためにカラオケを選ぶ、という同じ思いを持てたら、カラオケはとても有効な方法だとも言えます。

デートで何をしたらいいか、カラオケも気になるな、と思った時、この記事が参考になればと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました