遠距離恋愛が辛い時の対処法。長続きさせる、そして乗り越えることで幸せになれる


どんな理由で遠距離恋愛になったかはいろいろでしょうが、すぐに会えない辛さは遠距離恋愛にはつきものです。

ずっと昔なら、手紙のやり取りしかできないわけで、それに比べたらネットで動画での対話もすぐにできますから、工夫次第では、会えない寂しさは少しは解消できるかもしれません。

それにしても、離れていて、すぐに会えない時間が続くと、辛さは避けられないでしょう。

この辛さを乗り切って、お互いに不安を解消できる、そんな秘訣についても考えてみました。

遠距離恋愛が長続きしないのは辛いから


今まで、毎日のように会っていた恋人が、仕事や学校の関係で離れたところへ行ってしまった。

まだ、自分もこちらでやることがあり、一緒に行くわけにもいかない。

遠距離恋愛が始まって、初めの頃は寂しさが募って、とても辛いでしょう。

その辛さが原因で、結局長続きしなかったという話もよくあります。

そんな辛さの理由を調べてみました。

遠距離恋愛が辛い理由1・会いたくても会えない

なぜ遠距離恋愛が辛いのか、その大きな要因は、「会いたい時に会えない」ことでしょう。

少し頑張って会える場所に住んでいたら、何かで落ち込んだときやちょっとしたケンカの時に、直接会って話をしたい、わだかまりを解消したい、と思ったら、会うことができます。

しかし、遠距離恋愛になってしまうと、なかなか難しいことが起こります。

例えば、電話で話をしているときに、ケンカになってしまうと、なかなか仲直りのチャンスができなかったりします。

メールを送っても、また、電話で和解したとしても、直接会って話をするのとは違います。

仕事などで悩み事があって、落ち込んでいる時も、離れていると、その気持ちをわかってもらうのは難しいことがあります。

そんな時に、直接会って話ができない、というのは、とても辛いことです。

遠距離恋愛が辛い理由2・好きだって自信がなくなってくる

2人の間に、横たわるのは距離ですが、これが結局心の距離になってしまったりします。

やはり、いつでも会えるというのとは違い、相手が何をしているか、ということに不安を感じてしまうんですね。

そんな不安な気持ちが続くことで、気持ちが冷めていってしまったりするわけです。

そのうち、自分は、相手のことが好きなのかが分からなってしまうのです。

さらに、遠距離恋愛の状況に慣れていくというのも辛いことです。

遠距離恋愛が始まったことは、会いたくてたまらなかったのに、やがて、その状況に慣れていってしまうんですね。

はじめは、会いたいときに会えないという状況だったのに、そのうち、慣れてしまって、好きな人に会えなくても平気な自分になり、それがまた、辛いことになっていくのです。

遠距離恋愛が辛い理由3・浮気や心変わりが心配

遠距離恋愛で遠く離れていると、相手が何をしているか、わからないために、だんだん疑心暗鬼になり、浮気や心変わりが心配になってしまうのは仕方のないことかもしれません。

この傾向は、男女共通で、男女とも異性の心変わりが心配だという人は少なくないのですね。

遠距離恋愛が始まっても、最初のころは2人の情熱で頑張っていけます。

しかしそれが、1年、2年と続くと、どうでしょう。

恋人がそばにいないことが当たり前になり、恋人がいない生活が当たり前になってきます。

そして、自分の暮らしをエンジョイするようになるのですね。

そんな暮らしの中で、楽しい時間を遺書に過ごせる人と出会ったりすると、遠くて会えない人よりも魅力的に感じるかもしれません。

相手にとっては、そんな不安がどんどん募ってきて、辛い気持ちも増していくのです。

遠距離恋愛が辛い理由4・お金がかかる

遠距離恋愛の場合、お互いに会いたいと思っても時間だけでなく、お金もかかってしまいます。

これは、とても大きな問題なんですね。

例えば、東京と名古屋の距離になると、新幹線で1時間40分ほどですが、お金は結構かかります。

それよりも遠くなると、さらに経済的負担は増していきます。

この交通費がかかることが、気持ちよりも大きな存在になると、遠距離恋愛そのものの危機へとつながっていくのです。

往復の電車代、デートの食事、場合によっては宿泊代、そういったことを何回も繰り返すのは大変です。

初めの頃は、会いたい気持ちも強く、長距離でも続けたいという思いが強かったのですが、これが何度も繰り返されると、どちらかの気持ちが弱っていったりします。

これは、会いたい、と思っている方にしたらとても辛いことですね。

遠距離恋愛が辛い理由5・終わりが見えない

遠距離恋愛が終わるのは、どういう時でしょう。

多分、大抵の人の思っているのは、結婚することや、好きな人が戻ってくる、ということでしょう。

しかし、それがはっきりと見えない、ゴールがわからないカップルも結構多いのです。

確かに、始める時から、はっきりとゴールを決めて、それまでの我慢とお互いに割り切って遠距離恋愛をするカップルもいます、

でも、そうでない場合は、好きな人が遠くから戻ってくることや結婚はそれこそ風霜の世界のようなものなんですね。

このように、遠距離恋愛が幸せな形で終わるかどうか、、それこそ、いろんな壁を乗り越えないといけません。

そんなことが続くので、やはり、辛いと感じるのは当然でしょう。

関連ページ:遠距離恋愛をする男性心理。本音で付き合うことが長続きさせるコツ

遠距離恋愛は辛いけど幸せだと思う瞬間がある


遠距離恋愛を選んだ瞬間から、辛いことは覚悟の上。

そんな思いがあれば、幸せに感じる瞬間が何度も訪れるでしょう。

それが、将来の幸せへと続くと信じている、そんなカップルが長距離恋愛を乗り切っていけるのでしょう。

遠距離恋愛は辛いけど幸せだと思う瞬間1・相思相愛を確認できる

遠距離恋愛は辛いだけで、不幸だ、と思っているとしたら、それはちょっとした誤解かもしれません。

たしかに、好きな恋人とは遠い距離を隔ててしまっているので、会いたいと思うときにすぐ会えないので、もどかし差を感じることは多いでしょう。

恋人の手に触れることもできないし、会いに行こうと思っても一苦労、お金もかかります。

そうです、遠距離恋愛を続けるということは、我慢や努力が必要なんです。

でも、遠距離恋愛でも十分心が満たされることがあります。

それは、お互いに好きだ、ということ、相思相愛の仲だということが、心を満たしてくれるのです。

相思相愛なら、会えない時も相手のことを思っても、幸せです。

愛する人がいて、愛されている喜びがあれば、これほどの幸せはなかなか見つかりません。

長距離恋愛であっても、お互いに好き同士で、愛しあえるとすれば、恋人が欲しいのにいない、好きな人が見つからない、と思っている人と比べても、十分幸せだと感じてもいいはずです。

遠距離恋愛は辛いけど幸せだと思う瞬間2・お互いの愛が深まる

遠距離恋愛をすると、大変な思いをいっぱいします。それは苦労の連続なんです。

会えないという寂しさ、今どうしてるだろう、という不安とも戦うことになります。

いざ、会いに行こうとなると、お金も時間もかかります。

そんな苦労ばかりを考えると、きっとため息が出ることでしょう。

街でデートしているほかのカップルを見ると、悔しい気持ちにおそわれることでしょう。

しかし、考え方を変えれば、遠距離恋愛もいい面があります。

いざデートとなると、苦労して会うことになり、会えたときの感動が大きく、その分愛も深まるのではないでしょうか。

離れていると、相手の隠れた魅力を発見できるかもしれません。

遠く離れているからダメじゃなくて、離れているからこそ気づけたこと、これを大切にすれば、長距離恋愛でよかった、と思える日がきっとくるでしょう。

遠距離恋愛は辛いけど幸せだと思う瞬間3・いつでも会えることに気づく

いざ会うとなると、お金も時間もかかることで、大変だなと思っている人、いませんか。

長距離恋愛をするのなら、お金と時間のことを初めからしっかりと計画を立てておけばいいんです。

普段結構無駄遣いをしていることに気づけば、節約の目的もはっきりしているし、頑張って、残業もこなせます。

そうです、お金と時間さえあれば、いつでも会えるということに気付くべきです。

遠距離恋愛だから大変だ、と思わずに、海外にいるよりマシだ、と思って、今度いつ会いにいくよ、と連絡を入れて、会いにいけばいいんですね。

会いにいける、とわかって、計画を立てて、いく日が決まると、もう、その日のことを待つのが楽しみになるし、決して、寂しいなんて思いを持つことはありません。

だって、いつでも会えるんですから。

関連ページ:遠距離恋愛で別れてしまう原因とサイン、結構多い復縁するカップル

辛い遠距離恋愛を乗り越えるコツは?


遠距離恋愛には、難しい側面がいくつかあります。

距離が離れていることで、会えない、話が少なくなる、ということが起こり、その結果、会えない時に何をしているかわからない、自分の気持ちに不安を感じる、といったことです。

最初から、そういったことを覚悟して、それなりの対策を練っておけば、うまく乗り越えられるのではないでしょうか。

辛い遠距離恋愛を乗り越えるコツ1・気持ちはいつも言葉で伝える

長距離恋愛ではスキンシップができません。

スマホでお互いに話をしていても、あくまでも言葉のやりとりになります。

だから、絶対に気をつけなければならないのは、愛情表現をきちんと言葉で伝えることなんですね。

どうせわかっているだろう、といって、しっかりと言葉で伝える努力をしないでいると、相手はやはり不安を感じて、そのうち、離れていくかもしれないのです。

逆に、会えない時に、しっかりと言葉で愛情を伝えることで、次に会いたいという思いが大きくなり、そこから会うまでの間に、いよいよ気持ちは高まっていきます。

会えないからこそ、気持ちは強まり、会った時に思い切って、スキンシップを取れば、いよいよお互いの愛は深まるでしょう。

辛い遠距離恋愛を乗り越えるコツ2・相手を束縛しない

長距離恋愛の時は、いつ連絡を取るのか、決めておくことが大切です。

こまめな連絡は大切ですが、連絡の取り過ぎは気をつけてください。

あまりに頻度が高くなると、それを負担に感じて、気持ちが弱っていく人もいます。

また、離れていると、相手がどんな生活をしているかとても気になるでしょう。

しかし、これもあまり干渉しすぎると、不満を持たれてしまい、関係がこじれるものとになります。

ひょっとして、自分のことを疑っているじゃないか、と思い出すと、だんだん会うのが辛くなるのです。

さらに、相手の行動を束縛しないことも大切です。

お互いに大人として、別の世界も持っているのが恋人です。

それを尊重しあえて初めて、本当の恋を続けることができるのです。

辛い遠距離恋愛を乗り越えるコツ3・相手を信用する

遠距離恋愛が長続きして、うまくいくパターンを見てみると、お互いに、相手のことを信用していることがわかります。

離れているのに、お互いを信じ合える、そんな関係を保つことで、安心して、仕事や学業にも打ち込め、相手に感謝の気持ちを持てるのです。

逆に、離れている不安から、相手の行動に疑いを持ち、自分の思うようにならないと、つい愚痴ってしまうような感じでは、相手も負担を感じて、気持ちが離れるケースが多いのです。

信じてもらっている、という確信が持てたら、お互いに安心できて、愛も深まるのですね。

もちろん、遠距離ですから、寂しい気持ちはあるし、会いたい気持ちもあるのです。

それはお互いに持っているからこそ、相手を信じる姿勢がお互いに安心して気持ちを保てる、そういうものなんですね。

辛い遠距離恋愛を乗り越えるコツ4・気を紛らす

会いたい気持ちばかりを出すと、それが相手にとって負担になったりします。

今は会えないけど、今度はいつ会おう、それまでは、これを頑張る、こんなことをやる、というふうに、相手に理解してもらうことで、相手も安心できるのです。

趣味や習い事、仕事でのチャレンジなど、前向きなことに取り組むことで、恋愛に対しても、素直に前向きに考えることができるようになります。

次に会う時には、お互いにこんなことで成長している姿を見せられるようにしよう、というふうなポジティブなカップルはかっこいいですね。

逆に、会いたい、辛いばかりが前面に出ると、それを受け止める相手もだんだん負担に感じてきます。

そして、次に会うことが重荷になるようになると、少しずつ気持ちが離れていくかもしれません。

関連ページ:遠距離恋愛が冷める気持ちのサインは?連絡しない、会わないが理由

遠距離恋愛で女性が辛い気持ちになったときの対処法とは?


長距離恋愛になる、という時、初めは覚悟していたのに、やはり辛い気持ちが強すぎて、潰れそうになる。

そんな気持ちを乗り越えて、幸せになるのは、本当に大変です。

しかし、苦しみを乗り越えたからこそ絆も深まります。

辛くなった時は、くよくよ悩まずに、こうしたらいい、という先輩たちの声を聞いて、見ましょう。

遠距離恋愛で女性が辛い気持ちになったときの対処法1・相手に気持ちを伝える

まず、気持ちは包み隠さずに素直に伝える、それが一番です。

嫌味でなく、本当に辛い気持ちを伝えましょう。

ただ、突然打ち明けられても、相手も受け止めようがありません。だから、今から、「寂しくてつらすぎて泣きたいから話を聞いてほしい」ということで、相手にも準備をしてもらうことです。

そうして、何があったのか、何でつらいのかを伝えましょう。

伝えながら思う存分に泣くのもいいでしょう。泣くことで自分もすっきりするでしょう。

そして、彼も、これは慰める場面だとわかってくれるはずです。

ここで気をつけなければならないのは、寂しくてつらいのは女性だけではないということです。

男性の方も、女性と会えない辛さを抱えています。

それを感じ取ることで、お互いの気持ちが通じ合うきっかけになるかもしれません。

遠距離恋愛で女性が辛い気持ちになったときの対処法2・他のことに気持ちを逸らす

考える時間があるから、悩みも深くなる、これは真実かもしれません。

まず、寂しいという感情を忘れるために、他のことに粉を紛らせることが重要です。

それがないと、いつまでも寂しさに支配されてしまいます。

初めは、すんなりといかないかもしれませんが、何度かやってると、気が紛れて、それがいいふうに回り出すと、これから先のことにも頭が働くようになるでしょう。

趣味を新しく始めるのもいいし、気になっていたところへ行ってみるのもいいでしょう。

できたら、足を使って、歩いてみるのがおすすめです。

家で何かをしようとしても、どうしてもスッキリしないものです。

そして、歩いて、楽しいことを経験すると、疲れも出て、その日はゆっくりと眠ることができるでしょう。

すると、朝になると、不思議血スッキリして、新しい気持ちになれるかもしれないのです。

遠距離恋愛で女性が辛い気持ちになったときの対処法3・いつでも会える、と気づく

辛い気持ちがあまりに大きくなって、耐えられなくなって、どうしても会いたくなったら、休みをとって会いに行けばいいのです。

ただし、相手の都合はしっかりと確認してからにしてください。

なんでもそうですが、そのうち慣れてきます。

会えない時間をどんなふうに使うか、というのも、自分なりに工夫して、うまく過ごせるようになるものです。

だから、辛いのは今だけだと思って、計画的に会いに行っても構わないのです。

そして、会ったら、いろんな思いを吐き出して、次は自分でも頑張る、というふうに気持ちの切り替えをしていけば、きっと彼もその気持ちをわかってくれるはずです。

そして少しずつ成長していけば、お互いの愛も深まっていくでしょう。

遠距離恋愛で女性が辛い気持ちになったときの対処法4・別れることと比べてみる

そんなに辛い思いをしてまで付き合う必要ないだろ、って周りの人は勝手なことを言います。

でも、好きな人と会えない、というのは、やはり辛いことでしかないんですね。

好きな人と離れてしまったことは、とても辛い現実です。

でも、ここでは、辛い気持ちを少しでも楽にする方法を考えてみましょう。

それは、もし、この恋が破局して、別れてしまったらどうだろう、ということです。

今は確かに、遠距離で、辛いのもあるでしょうが、別れていません。

お互いに好きな、相思相愛だし、会えば優しい人と、楽しい時間を過ごすこともできます。

しかし、別れてしまうということは、そんなことも全て失ってしまうということです。

それに比べたら、遠距離で、会えない時間がある、というだけのことなんですね。

会える、ということを前向きに考えて、次のデートに向けての準備や計画を立てることに気持ちを向けていったほうがいいのではないでしょうか。

遠距離恋愛で女性が辛い気持ちになったときの対処法5・仕事に集中する

これは本当のはなしですが、仕事で忙しいと、いろんな悩みのことを考えることがなくなり、そのうち解決に向けて進んだ、ということをよく聞きます。

恋愛でも同じことが言えると思います。

遠距離恋愛で辛い気持ちを持つのは、大変なことですが、そのことばかり考えていると、本当に心の棒気になってしまいます。

忙しいと自然と時間が過ぎ去っていきますし、心も安定します。

さらに、忙しく働くことで、会社での立場も変わり、収入が増えたりするのです。

これは、彼に会いに行く交通費に回すことができ、一石二鳥ですね。

寂しさも紛らわせることができるし、お金も貯まる。遠距離恋愛では頑張って仕事することが一番です。

関連ページ:遠距離恋愛の楽しみ方。長続きすれば成功、不安や寂しさも乗り越えられる

辛い遠距離恋愛を乗り切る秘訣とは?


どこにゴールがあるのかわからないから辛い。

それも大変なことですが、必ずゴールは来ます。

ひょっとしたら、思ったよりも早く訪れるかもしれません。

しかし、対応を間違えて、下手なことばかりしてしまうと、お互いの気持ちが離れていって、ゴールどころか、もう破局へ向かってしまいかねません。

それを防ぐためにも、乗り切るための秘訣について学んでおきましょう。

辛い遠距離恋愛を乗り切る秘訣1・連絡を途切らせない

まず、相手と自分の心の距離を現実の距離と同じように、遠くしてしまってはいけません。

何もせずにほったらかしにしてしまっては、うまくいくことまでも台無しになってしまいます。

できるだけ、自分達の生活パターンの中で、連絡が取り合えるようにしておいて、連絡が取れたら、必ず次の予定を確認しておきましょう。

いつか連絡が取れたらいいや、という軽い気持ちでいると、ついつい連絡が途切れがちになっていきます。

必要なのは、会えないからこその信頼感です。

とにかく、遠距離恋愛を長続きさせるための絶対条件が信頼感です。

それと合わせて、どのくらいの頻度で連絡を取るか、電話は週に何回か、いつ会うか、といったことも、あ互いに分かり合えるように話を進めていくことが大切です。

一方が勝手に決めてしまっては、ダメですよ。

辛い遠距離恋愛を乗り切る秘訣2・程よい距離感を保つ

恋人ですから、一緒にいることも大切です。

しかし、遠距離恋愛の状態では、会えない分、連絡が取れた時に、しっかりと話をして、お互いの気持ちを確認しないといけません。

一日中相手のことを考えて、仕事も手につかない、は絶対にダメです。

さらに、自分1人の時間も楽しめるようにしないと、長い時間の長距離恋愛を乗り切れません。

このことで、お互いの間に程よい距離感が生まれて、プレッシャーもなく、遠距離恋愛でも楽しめるようになるかもしれません。

相手に依存してしまうと、相手もそれを負担に感じてしまうし、会えない寂しさに耐えられません。

遠距離恋愛を利用して、自立して、大人の恋を楽しむようにすることです。

辛い遠距離恋愛を乗り切る秘訣3・お互いに納得する

遠距離恋愛で会えなくなる、ということを十分に納得して進めていかないと、不満が残ります。

すぐに会えない分、寂しくなってしまう、ということも、お互いに事前に理解しておかなければ行けません。

遠距離であると同時に、大人ですから、社会人としての都合が大きく影響するのです。

学生だとしても、学校を休んでまで会いにいくというのは、本末転倒ですね。

なかなか会えないからと、相手に不信感を持ってしまっては、最悪です。

仕事が忙しく、連絡が取りにくい時も、浮気してるのではないのか、と敏感になりすぎては、相手も負担に感じるようになるでしょう。

逆に、忙しいときや疲れているときに相手を思いやって行動にするようすれば、きっとうまくいくのではないでしょうか。

遠距離恋愛が辛いわけのまとめ

遠距離恋愛という厳しい状況を迎えてしまった理由はいろいろあるでしょう。しかし、そうなった人も、恋愛をうまく続けて、楽しい時間を過ごしたいと思っているはずです。

さらに、辛い遠距離恋愛を乗り越えて、幸せになりたいという思いも強く持って始めたはずなんですね。

でも、やはり辛いのは確かです。

だからこそ、いろいろな事例をもとに、どうやって乗り切っていったのかを学ぶことが大切です。

そして、自分の時間を大切にしたり、仕事に集中するといった対処法を参考にしたらいいでしょう。

さらに、いろいろな意見な中で、お互いの信頼関係を大切にするということがありました。

相手を信じることが、辛い気持ちを乗り切ることにもつながっていく、ということがよくわかったと思います。

関連ページ:【ラブサーチの使った口コミ】マッチングアプリのラブサーチ、出会いの評判

 

タイトルとURLをコピーしました