社内恋愛がバレる時のきっかけは雰囲気から?隠すことにもデメリットがある


社内恋愛については、賛否両論ですね。

しかし、好きになってしまったら、それは社内であれ、社外であれ、変わるものではありません。

ただ、その恋愛が知れ渡ったら困る、という場合もあるのです。

その恋愛がバレるきっかけや、その場の雰囲気、隠したことで起こるデメリットなどを探っていきましょう。

社内恋愛がバレるのはどんなきっかけから?


お互いに好き同士になって、職場に行っても、気持ちがルンルン、なんてことになるt、もうバレるのは時間の問題ですね。

そこまで行っては大変だと、慎重にことを運んで行っても、なぜかバレてしまう社内恋愛。

どんなきっかけでバレてしまうのでしょう。

社内恋愛がバレるきっかけ1・喧嘩をした時の態度

喧嘩をしてしまうと、いつもと違う態度をとってしまいます。

それがわかっているから、普段から喧嘩をしないように頑張っていても、やはり、男女の仲。喧嘩をしてしまうと、どんなに頑張っても態度に出てしまうんですね。

周りの人は、普段と違う2人の態度を見て、怪しい、やっぱり、と結局はバレてしまうことがあるのです。

喧嘩になった原因を考えても、大抵は些細なこと。

ところが、その後の態度がどうの、言い方がどうの、と別のことがそこに加わって、喧嘩が解決から遠のいています。

そんな状態を周りが見て、見抜かれないということも逆にないかもしれません。

感情のあまり、自分からバラしてしまう、という大失態をしでかすこともよくあることです。

社内恋愛がバレるきっかけ2・飲み会の場

お酒の場っていうのは、どうしても気持ちが緩んでしまって、緊張感を失いがちです。

職場では、付き合ってることを極力バレないように頑張っていても、飲み会の場では、つい気が緩んで、さらにお酒の力も加わって、つい余計な一言を言っていまいがちです。

さらに、酔った挙句に、お互いに近い距離で話してしまったり、くっついてしまったりと、失態をしでかしてしまうわけです。

また、妙に親しげな態度を見せてしまったり、ボディタッチやスキンシップを取ってしまって、周りからなんか変だぞ、と勘繰られてしまったりするのです。

2次会までいくと、ますますバレやすくなります。

せっかく、職場では、バレないように時を使っていたのが、こう言ったところで台無しになる、ということはよくある失敗です。

社内恋愛がバレるきっかけ3・外で会っているのを見られる

職場以外の場所で、2人きりでいるところを見られたら、これは完全にバレバレですね。

まず、2人でいること自体が怪しいのに、それが職場以外となると、付き合ってます、と言っているようなものです。

さらに、デートしている最中なら、手を繋いでいたり、腕を組んでいたりするわけで、これほどはっきりとした瞬間はないでしょう。

せっかく、別々に出社したのに、待ち合わせ場所を職場の近くにしてしまって、たまたま居合わせた同僚に目撃される、ということもあるあるです。

休日デートで有名デートスポットやイベントを選ぶと、そこで目撃される確率も高くなっているようです。

休日にデートをしていて、言い逃れは難しいでしょう。直接、声をかけられなくても、見かけた、というだけで、その話はまたたく間に、社内に知れ渡ってしまうものです。

社内恋愛がバレるきっかけ4・うっかり呼び名を間違える

普通、社内での呼び方は、〇〇さん、とか、〇〇係長と言った感じですね。

付き合っていても、バレないためには、職場ではより厳密に呼び名をきちんとしないと、それが原因でバレてしまいます。

二人きりでいる時は、たいがい下の名前で呼んだりするものですが、これは職場で使うのは完全にNGです。

たまたま、口から出た、という場合でも、その瞬間にバレてしまう、というパターンはよくあるようです。

怪しい、を超えて、もう確信的に、付き合ってるんだ、と思われてしまうパターンです。

また、周りに誰もいない、2人きりだと思って、つい、普段の呼び方で呼んでしまったりして、その瞬間に、誰かがふと現れてそれを聞かれてしまう。

バレる時というのは、そういうものです。

ちょっとした油断やスキに、バレる瞬間も訪れるものですね。

関連ページ:社内恋愛の禁止を乗り越えて結婚へ、秘密にするリスクとメリットは?

社内恋愛はなぜかバレる雰囲気になってしまう


付き合っているというオーラを出したらバレるから、とできるだけそんな様子を見せないように努力しているつもりでも、やはりバレてしまいます。

仕事の上でも、付き合っていることはあまり言いように見てもらえないことが多いので、なんとかバレなようにしていてもです。

どんな時に、その雰囲気が伝わってしまうのでしょう。

社内恋愛がバレる雰囲気1・恋愛をしているというオーラ

これは、もうどうしようもなく出てしまうものでしょう。

逆にそれを抑えるとなると、今まで以上に、自分を押し殺して、仕事に熱中するか、周りとの付き合いを避ける必要が出てきます。

恋愛をすると、やはり相手のことが頭から離れないので、ついそのことを思い出して、笑ってしまったり、なぜか、陽気になっていたりします。

それを抑える、というのもかなり面倒なことです。

なぜかといえば、それは知らず知らずのうちに出ている、オーラだからです。

口に出して、態度に出して、というのならわかりやすいものですが、、口にも出さず、態度も抑えていても、オーラが出てしまう、これは避けようがありませんね。

バレたくなかったら、必要以上に、自分を抑えることが重要です。

社内恋愛がバレる雰囲気2・お泊まりをする時の様子

家から出勤している時は、知らないうちに、そのリズムで生活しています。

したがって、服装もそのリズムの中で選んでいるので、周りの人も、そういうものなんだと認識してくれています。

ところが、2人でお泊りをして、そのまま出勤となると、服装はその時の用意して生きたものに限られてしまいます。

それが、なんか今日の雰囲気は違うぞ、と怪しまれてしまったりするものです。

最悪は、人が同じ服装で出社している場合で、これは付き合ってます、というのを宣伝しているようなものです。

最初は小さな違和感だったのに、2回目ではその違和感の原因に気付いてしまった、というのもよくある話です。

そこまで考えて、準備をしないと、バレるのは必然になってしまいます。

社内恋愛がバレる雰囲気3・変にきつい態度で接する

普通の職場内では、お互いの遠慮というものがあります。

何か小さな失敗をしても、お互い様、という感じで、受け流してくれることもよくある話です。

とコレオが、それが恋愛中となると、そう簡単にはことが進まないようです。

恋愛してる人は、仕事が忙しい時に何かトラブルがあると、彼氏や彼女に素が出てしまうのです。

つい、相手に対して、きつい言い方をしてしまったり、相手への不満を表に出してしまったりします。

普通の社員同士なら、ちょっとやりすぎ、言い過ぎだと思えることが、恋人同士ということで甘えが出てしまうのです。

これは、付き合ってるから後でフォローしたらいいだろうとか、相手は分かってくれるという信頼があるからでしょう。

社内恋愛がバレる雰囲気4・飲み会でも近くに座らない

飲み会の場でも、恋愛中がバレたくない人は離れて座ったりします。

これは、お酒が入るとつい口が滑る、ということもあるし、恋人がそばにいると、話がしにくい、と感じてしまうのが遠因です。

飲み会の場でオープンに楽しく喋っている人は、普通の社員同士の関係なのですが、それと同じように恋人同士では話ができない、というのがわかっているので、離れて座ろという心理がはたらくようです。

実は、嫌いな人のそばに座りたくない、というのとは全く違います。

あくまでも、近くに座って、普通に話をする、ということが難しいと感じてしまっているからです。

このことが、結局、2人が恋愛関係にある、ということをバラしてしまうことになります。

かといって、近くに座ってしまうと、余計にギクシャクして、結局、バレてしまうわけで、どちらにしても、飲み会の場は鬼門と言えそうです。

関連ページ:社内恋愛はダサい?隠すつもりがすぐバレるなんてありえない、やめとけ

社内恋愛がバレるのはだめ、隠す方がいい理由


同じ職場で、好きな人と一緒に仕事をする、というのは、周りからすれば、少し気になるもの。

会社によっては、社内恋愛を禁止しているところもあるくらいです。

小さなことから大きなことまで、さまざまな影響がある、社内恋愛を隠した方がいい、という理由を調べました。

社内恋愛は隠す方がいい理由1・周りが気を使うから

2人は恋愛中だから、同じ職場にいるだけでも楽しそう。

周りにいる人は、結構気を使うものです。

これが、周りに知られずに秘密で付き合っていたなら、周りは特に気にせずに、普通に接することができるわけで、この差は思った以上に大きいものです。

異性から声をかけるにしても、付き合っている相手のことも気にしながらの会話になり、できたら話しかけないでおきたいと思うほどになります。

ここで大事なことは、バレないようにすることが第一ですが、万が一、バレてしまったら、周りに気を遣わせないように、できるだけ周りの人に積極的に話しかけていくことです。

どちらかと言えば、周りは遠慮気味に声をかけてくるわけですから、それを待っていたら、仕事がはかどらなくなってしまいます。

社内恋愛は隠す方がいい理由2・喧嘩をした時面倒だから

恋愛中のカップルの喧嘩ほど、めんどくさいものはない、と周りの人は思っています。

本人たちの問題でしょうが、周りに与える悪影響も考えなければなりません。

どこから引きずってきたかもわからない、喧嘩のネタに巻き込まれてはたまったものではありません。

どうせ大したことが原因ではない、とわかっていても、変に気を使わせるものです。

また、ここで一番問題になるのは、いつ終わるか、ということです。

短い時間で解決して、普通に戻ってくれたらそれはそれでいいのですが、最悪、いつ終わるともしれない、泥沼状態になっては、最悪です。

それが原因で、別れてしまったりすると、仕事への支障も起きかねません。

付き合いがバレてしまって後悔することになるかもしれません。

社内恋愛は隠す方がいい理由3・女の人のうわさは広がりやすいから

これは女性が気をつけなければならない問題です。

ずっと黙っているものしんどくなってきて、中のいい人に、「実は今、〇〇くんと付き合ってるんだ」などとコッソリと打ち明けてしまったら、もう後の祭りです。

その人が積極的にバラさなくても、周りから、何か聞いたんじゃないの、と言った圧力もあります。

ひょっとしたら、その人も、仲のいい友人に「実は」とこっそりと打ち明けただけかもしれません。

しかし、なぜか、女性の噂話というのは、あっという間に広まってしまうのです。

どこから聞きつけてきたのか、普段あまり話をしない人からも「つきあってるの?」と聞かれたり、そのうち、上司からも話をされたりして、打ち明けたことを後悔することになるのです。

社内恋愛は隠す方がいい理由4・休みをとりにくいから

もうこれは、職場あるあるの筆頭かもしれません。

付き合っているとわかった二人がそろって有給を使うと、「デートでしょ?」と詮索されるんですね

どこいくの、何すんの、お泊まり?などと、本当にうるさい質問責めに会うことになります。

実は、それとは無関係のことで休もうと思っていたのに、そのことまで、しつこく聞かれたりするので、本当に面倒くさいのです。

恋愛していることを周りにカミングアウトしたり、バレてしまったりと、いずれにしても、ろくなことはないのです。

こんな問題に巻き込まれたくなかったら、早く婚約して、結婚してしまうに限ります。

逆に言えば、結婚するまでは、極力バレないように、努力した方が結局心穏やかに生きていけるというものです。

社内恋愛は隠す方がいい理由5・別れた後が大変だから

実は、社内恋愛における最大のデメリットというのが、これで、その恋愛が終わった後なんですね。

では、社内恋愛が終わった後、具体的にどんなことが待ち受けているのでしょう。

まず、一方にまだ未練が残っている場合です。

どちらかが、フッたことになりますが、フラれる方は大きな辛さを抱えたまま、終わりを迎えることになります。

もし、まだ未練が残っているとしたら、そんな状態で、顔を合わせてしまう毎日が続きます。

顔を合わすことがなければ、日にちが経てば、少しずつ気持ちもおさまっていくでしょう。

また、相手が、他の異性と話をしているだけで、得体の知れない感情が沸き起こるということもあるのです。

別れ方も、喧嘩別れのような感じだとすると、別れた後にどこからともなく、中傷する情報が飛び交い、「あの二人だけは、どうしようもない」と評価もガタ落ちになります。

社内恋愛がバレることで生じるデメリットは?


恋愛していることが、バレてしまうと、周りも遠慮する必要がなくなります。

気にせずに、そのことを話題にできるし、場合によっては、それをネタにいじることもできたりします。

される本人はたまったもんじゃないのですが、バレてしまえば、仕方のないことかもしれません。

隠しているよりは気が楽になるかもしれません。

社内恋愛がバレるデメリット1・冷やかされる

社内恋愛がバレた瞬間に周りの目が変わってしまいます。

そして、そこから始まるのは、一緒にいるだけで冷やかされるようになることです。

一番際立っているのは、飲み会でのネタにされることでしょうか。

これは、社内恋愛がバレた時に最も起こるあるあるのようです。

これだけでも、バレることがどれだけ嫌なことか想像できるでしょう。

しかし、周りにとっては、最高のネタなんです。

だから、当人たちにとっては、最もウザいことになるわけです。

相手の気持ちなんか、ほったらかし、で当人たちを冷やかして盛り上がる、それだけのことなのに、恋愛している本人たちは、気分が落ち込んだりします。

さらに、きわどい質問などを受けることもあり、これも不愉快なことになっていきます。

だから、バレることはなんのプラスもないわけです。

社内恋愛がバレるデメリット2・仕事がやりづらくなる

それまでは何も感じないで過ごせていた仕事の時間。

恋愛へと発展していく、ワクワクした楽しい時間。

それが、バレた瞬間から、空気が変わってしまい、変に気を使われているのか、こちらも周りに気を遣ってしまう。

職場での恋愛は、思っていたよりもデメリットが多いのです。

バレた瞬間から、周りが気を使うので、何かと仕事がやりづらくなっていくのです。

最悪は、職場の配置換えまでされてしまったり、同じプロジェクトだったのに、一方が外されるといった意に反した人事まで起こってしまいます。

2人は職場では仕事に集中すると決めているのに、社内恋愛だとバレたら、本人たちの努力ではどうにもできないことが次々と起こります。

そんなわけですが、職場での評判を落としたくないのなら恋愛がバレないように注意すべきでしょう。

社内恋愛がバレるデメリット3・異動対象になる

職場での、配置換えで済めばまだいい方かも知れないのです。

もっと、気楽にみんなで分かり合えたらいいのに、日本の社会は、特に、会社ではそう言った開放的な空気はどちらかと言えば毛嫌いされたりします。

やはり、日本の社会のは閉鎖的なんだ、と思い知らされることになります。

いまだに、社内恋愛禁止の会社や社内恋愛非推奨の会社というのがあります。

それは、恋愛そのものよりも、それを取り巻く周りの変化が問題だということで、そんな会社で社内恋愛がバレてしまうと、最悪、人事異動にまで進んでしまいます。

また、禁止とまで行っていないのに、同じ職場にカップルがいるだけで、それを毛嫌いする上司もいたりして、そのために、人事異動の対象者に組み込まれていったりするのです。

社内恋愛がバレる原因から学ぶ対処法は?


バレても結局、しんどいことが増えるだけのようですね。

できれば、うまくやって、バレないようにするのがベストみたいです。

そこで、ここでは、なんとかbれないようにする方法を、バレてしまう原因から探っていくことにします。

そして、なんとか、結婚まで持ちこたえたらいいですね。

社内恋愛がバレる原因から学ぶ対処法1・できるだけ接触を避ける

バレてしまったらもう仕方ありません。

かといって、これみよがしにベタベタしたりしたらそれこそひんしゅくを買ってしまいます。

やはり、バレた時こそ、周りに対して、気を使うべきであって、職場では絶対に二人きりになることは避けることが重要です。

自分達としては、極力接触を避けているつもりでも、ほんの一瞬2人で話をしただけで目立ってしまうものです。

もちろん、出社、退社についても、時間をずらして、一緒に来たり、帰ったりというのは避けることも大切です。

有給休暇を同じ日に取る、というのも、あまりいい印象にならないので、今は我慢です。

本当に、その恋愛を大切にしたいのなら、婚約、結婚前は、我慢の一言に尽きるでしょう。

社内恋愛がバレる原因から学ぶ対処法2・仕事に打ち込む

バレるまでは、何も気にならなかった周りの目も、恋愛がバレた瞬間から、見られているな、と気になり始めるものです。

そして、仕事の手を抜いたり、必要以上に休みを取ったりすると、それが恋愛が原因じゃないか、と見られてしまい、とても心苦しいことになってしまいます。

これは仕方のないことですが、恋愛のせいだ、と思われないためには、人一倍仕事を頑張るしかありません。

そして、周りの目を変える気が必要です。

仕事と恋愛は別、とはっきりと行動で示すことができなければ、他人からの評価もガタ落ちになります。

特に、女性の方が仕事と恋愛を切り離しにくいとも言われますが、これは男性とて同じこと。

とにかく、仕事中はいったん恋愛のことは忘れること。そして仕事に集中しましょう。

社内恋愛がバレる原因から学ぶ対処法3・上司にきちんと相談する

何かのきっかけで、恋愛がバレてしまった時に、モヤモヤした気持ちで仕事を続けることほど、残念なことはありません。

その態度が周りから見ても、とても不愉快な気分になってしまい、恋愛を応援してもらえなくなります。

大事なことは、恋愛については、仕事とは別で、理解してもらい、できれば、多くの人から応援してもらいたいものです。

そこで、まずは、信頼できる上司に話を通しておきましょう。

仕事にはマイナスにならないように、頑張るということをわかってもらって、真剣に交際していることを理解してもらえたら、きっと応援してくれるでしょう。

上司の理解が得られたら、自然と職場全体でも見る目が変わってきて、自然に振る舞えるようになっていく可能性が高くなります。

社内恋愛がバレることのまとめ

社内恋愛が会社によっては、禁止されているというのは、やはり大きな意味があったことがわかりました。

逆に、うまくやって、バレなければ、別に問題は起こらないわけです。

今、職場で恋愛関係になっている人は、やはり、バレないように努力すべきでしょう。

バレる時は、自分で雰囲気を作っていたりします。

そして、やはりはっきりとバレてしまうきっかけもあるということがわかりました。

バレてしまって、ギクシャクして、それが原因で別れてしまった、などということがないように、やはり気をつけてバレないようにできたらいいようですね。

また、万が一バレた時も、信頼できる人と相談して、節度をわきまえた恋愛を続けていくことが、幸せへと近づいていく方法ではないでしょうか。

関連ページ:【ワクワクメールの口コミ】マッチングアプリは出会い系と出会いサイトはワクメ

タイトルとURLをコピーしました